マツコ・デラックス

写真拡大

18日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、仕事に貪欲なキャバ嬢を絶賛した。

番組では、新宿・歌舞伎町にあるキャバ嬢専用の不動産会社と中継を結び、引っ越しを考えるホステスたちに話を聞いた。そして番組スタッフが、カウンターで物件を探している女性に話しかけると、女性は「常に引っ越しをしたい」「良い物件がないか常に見に来る」と笑顔で語ってくれた。

この女性は1年に1回は引っ越しをし、これまで1度も契約更新をしたことがないのだとか。その理由について、「自分の生活基準をどんどん上げて、どんどん稼げるように」「仕事を頑張るための、自分のモチベーションを上げるため」と説明。するとマツコは、「古めかしい昭和の芸人みたい」と驚きつつも、「自分のキャバでの稼ぎや実績を上げるたびに物件(条件)も上げてきてるんだ」と感心した表情を見せる。

物件の条件を上げていくことについて、女性は「自分を追い込むため」とも明かし、現在27歳で家賃が30万円台半ばであると紹介する。これにはマツコも「すごい!上りつめたわね〜!」と称賛したのだった。

【関連記事】
マツコ・デラックスが自らアプローチ 期待の食事会の相手とは
マツコ・デラックス 同窓会出席者の傾向に指摘「比較的鎧をまとえる人たち」
マツコ・デラックスが大食い女性を称賛「うらやましい。美しい人生」