「非正規職特殊要員」カン・イェウォン“女優は契約職…未来が不安”

写真拡大 (全4枚)

女優カン・イェウォンが、役者として抱いている悩みに対して率直に打ち明けた。

カン・イェウォンは9日、ソウル市鍾路(チョンノ) 区三清洞(サムチョンドン) のあるカフェにてメディアインタビューを進めた。カン・イェウォンは映画「非正規職特殊要員」(監督:キム・ドクス、配給:ISU C&E) で、数多くの資格を持っているが、数年間にわたり就職で悩むチャン・ヨンシル役を務めた。実際に多くの就活生の苦衷を描き出したキャラクターだ。

「『非正規職特殊要員』の撮影現場は、女優やスタッフが本当にいい人たちでした。私はこのような運があるようです。ハン・チェアと一緒の女性の映画なので、男性スタッフや監督、代表まで本当に慎重でした。あまりにも過度に関心を持たれるとかえって演技の邪魔になって、自分でするから各自の仕事をしてくださいと言いました(笑) 私がもっとうまくやらなければならないと思いました」

カン・イェウォンは劇中、破格的なパーマヘアに独特の丸メガネ、くたくたなTシャツなどを着て登場する。今回の映画でビジュアル的な部分は全てカン・イェウォンが自分で歩き回って準備したものだそうだ。メガネはニューヨーク旅行中にビンテージショップで発見して、「ユレカ!(ギリシャ語で『見つけた!』という意味で、アルキメデスがアルキメデスの原理を見つけた際に叫んだ言葉だといわれている)」と叫んだ。彼女の話によれば、「光沢と無光沢、四角と丸、その中間の感じを正確に見つけたメガネ」だった。

「私が準備した眼鏡や服を着て頭をパーマしたので、自然にチャン・ヨンシルのキャラクターが出てきました。類似したものを越えたかった。同じ声、顔では限界がある時がありましたが、完全に違う姿を披露したかったです。それで絵でヨンシルの姿を描いて、一つずつ作っていきました」

映画の中でチャン・ヨンシルの家にかけられた絵は、カン・イェウォンが実際に描いた絵だ。普段絵を描くのが趣味であるカン・イェウォンは、前作でも自身が描いた絵が登場したことがある。カン・イェウォンはシナリオを読んで自身が思ったキャラクターのイメージを描くことで、描きながらキャラクターを作っていく方式で作業をしている。

「基本的にアウトフィットに力を集中しようとする方ではありません。本来は与えられたことで選ぶほうです。服だけで表現するのは演技でないと考えますので。あまり外見に手を加えませんが、この映画ではヨンシルが重要でした。家族に非正規職がいて、私もやはり女優という職業が契約職ですね。未来が常に不安で不透明です。安定しない社会で、こういう明るい映画を通じて世の中に影響を及ぼしたかったです」

自らを“契約職”と話すカン・イェウォンに「今が不安か?」と尋ねると、すぐに「いつもそのような心だ」という答えが出てきた。

「結婚しているのでもなく、ボーイフレンドがいるのでもないのでそのように考えます。ある作品が終わればまた一作するという人生なので、止まれば不安です。それで余裕がない生活を送っています。ところで正規職だからと言って、不安じゃないわけではないようです。保証される人生があったらいいですね」