新発売の「ボス とろけるミルクティー」(左)と「ボス とろけるカフェオレ」、リニューアル発売される「ボス とろけるカフェオレ ビター」

写真拡大

サントリー食品インターナショナルは、「ボス とろけるミルクティー」を2017年3月21日に発売する。また「ボス とろけるカフェオレ ビター」をリニューアルし、同日発売する。

「とろけるカフェオレ」愛好者の半数近くがミルクティーも

09年に「ボス とろけるカフェオレ」を発売し「ダブルの生クリームでとろける味わいの大人の上質カフェオレ」好評を得てきたが、サントリー食品インターナショナルによると、ミルクティーを飲む消費者の半数近くが、カフェオレを併飲しているという調査結果が出て、「ボス とろける」シリーズからミルクティーを発売することになった。

カフェオレと同様にミルクティーでも「コク」と「なめらかな口あたり」が特長だという2種類の北海道産生クリームを100%使用し、茶葉にはコクと香り立ちが楽しめるスリランカ産ディンブラを採用した。

「ボス」ブレンドで磨かれた香り抽出技術により、ミルクに劣らない華やかな香りを引き出すことに成功。濃厚でとろけるような紅茶に仕上がったという。

また、同日に「ボス とろけるカフェオレ ビター」がリニューアル発売される。より深煎りの豆を採用し、さらにほろ苦い味わいへと生まれ変わったという。

希望小売価格はいずれも150円(税別)。