Suits WOMANのオフィスファッション講座が始まりました!賢人に人気スタイリストの入江未悠さんを迎え、堅実女子のオフィスファッションのお悩みをズバッと解決していきます。

☆☆☆

第2回の相談は、メーカー勤務の田島ひろ子さん(仮名・28歳)から。

「春らしいキレイ色のアイテムを買いたいと思っています。でも、うちの会社はわりと堅めで、あまり派手すぎると目をつけられてしまいます。程よい感じにしたいのですが、何に気を付けたらいいですか? 」

さっそく入江さんに聞いてみましょう。

トップスはサックスブルーで爽やかに

春になると、気持ちもワクワクしてきて、ベーシックカラーを定番にしている人も、キレイ色を取りれたい!という気分になりますよね。
今季はデニムカラーがトレンド入りし、それに伴って、濃淡、ブルー系のアイテムがたくさん登場しています。ブルー系は爽やかな印象がつくれるので、きちんと感が求められるお仕事シーンにもピッタリだと思います。

初心者さんにおすすめなのが、淡い水色のサックスブルーのトップス。白シャツと同じ感覚でトレンド色を取り入れることができます。中でも、ほんのりとした紫味を感じるものは、肌を明るく見せてくれる効果も。シャツの色としてセレクトするのはもちろんですが、やわらかい、とろみのある素材のアイテムを選ぶと、よりトレンド感が増します。 

サックスブルーは今年トレンドの春カラーのひとつ。ブラウス1万2000円(イプセ)

 

写真はサックスブルーのとろみブラウス。深めのVゾーンが顔まわりをスッキリみせてくれます。袖はお仕事がしやすい七分袖。さらに折り返しのデザインになっているので、自分でまくるなどしなくても、程よいこなれ感が出せて便利ですよ。

ボトムカラーはベージュやブラウンなどをセレクト。茶系との組み合わせが似合います。

人気のイエローはボトムで挑戦

数ある春色の中で、オフィスファッションでの注目はイエローです。今年は、濃いめで少しだけ茶が混ざっている黄色がトレンドです。「からし色」「ターメリック」と呼ばれています。落ち着きのある色味なので、例年、この時期にヒットする「レモンイエロー」といわれるパステル系や、クリアな発色の「カナリーイエロー」といったかわいい黄色よりも大人っぽく着こなせるうえ、「春のキレイ色は膨張色だから太って見えそう」という心配もありません。ただ、インパクトが強いので、トップスに持ってくるのは難しい。ボトムで取り入れるのがベストです。

ブラウス1万2800円(グー コミューン/グランカスケードインク)、スカート7900円(サニーレーベル/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店)、バッグ2万6000円(POTIOR/ショールーム セッション)

今回は、リボン付きのフレアスカートをピックアップしてコーディネートしてみました。張りのある素材のふんわりスカートはトレンドアイテムのひとつです。ボトムにボリュームがあるので、トップスは最強の引き締めカラー、黒のブラウスをチョイス。ボトムがボリューミーだと、トップスはコンパクトに仕上げたくなりますが、今年はボリューム×ボリュームという組み合わせがかわいい。たっぷりとしたラグラン袖で上半身もふわっと着こなしてみてください。 

協力/イプセ 電話:03-6427-2802 アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店 電話:044-982-313 グランカスケードインク 電話:03-5457-7551 ショールーム セッション 電話:03-5464-9975



■賢人のまとめ
お仕事シーンにピッタリのサックスブルーをトップスで取り入れるのがおすすめ。インパクトのあるトレンドカラーを取り入れたい場合はボトムスで。大人っぽく着こなせるターメリックイエローがトレンドです。

■プロフィール

ファッションの賢人 入江未悠

青山大学在学中にスカウトされ、読者モデルとして活躍。
小学館『CanCam』で、 ライター&スタイリストアシスタントとして編集業務に携わり、2003年にスタイリストとして独立。
大人の甘さを引き出すきれいめコーディネートに定評があり、現在は、『STORY』『Oggi』など数々のファッション誌で活躍している。
自身初の単行本『TOKYO LADY STYLE』が好評発売中の他、2013年より、アクセサリーブランド「Myu by phoebe」のデザインも手掛けている。