【前が見えない!】フロントウインドウの油膜をカンタンに取り除く方法とは

写真拡大 (全8枚)

ウーロン茶は油を分解し効果が得られる

雨の日に、ワイパーを動かしても、前方がギラギラし、対向車のライトが乱反射して視界が悪くて困ったことがないだろうか。これらはフロントガラスに付着した油膜が原因。

この油膜の正体は、ボディのワックスが溶け出して流れてきたものや、道路や雨、大気中の油分=シリコンで、水拭きしただけではなかなか取れない厄介なもの。この油膜を落とすにはどうしたらいいか。一番簡単なのは、ウォッシャー液を濃い目に入れておいて、ウィンドウォッシャーのスイッチを入れること。

ウォッシャー液の主成分は、メタノール、陰イオン系界面活性剤、非イオン系界面活性剤、防錆剤で、このメタノール=アルコールが、油分を除去してくれる。油膜取り効果を強調しているウォッシャー液もあるので、これらを利用するのもひとつの手だ(成分はあまり変わらないが……)

これで落ちなければ、昔ながらのクリンビューなどの油膜取りスプレーを吹きかけて、ワイパーを動かせば、だいぶクリーンになる。出先などで、ケミカル用品がないときは、ウエスにウーロン茶を染み込ませてガラスを擦ると、ウーロン茶が油を分解し、軽い油膜ならきれいに落とせる。

カー用品店で、ウーロン茶入りのウエットティッシュのような油膜取りシートを売っていることからもわかるとおり、効果は意外に侮れない。

身近なものでは新聞紙が効果的!

また侮れないといえば、新聞紙も有効。新聞紙を水に浸して、軽く絞ってガラスを拭く。次に乾いた新聞紙で拭き上げる。最後に乾いたウエスで仕上げ拭きをすればベスト。

新聞紙の繊維とインクが、油膜落としに適しているのだ。また油膜=油分などで、台所用の食器洗い洗剤+スポンジで洗うのも一案。水で薄めて使って、最後に水でよく泡を洗い流しておくことが肝要。

これでも落としきれない頑固な油膜は、消毒用のアルコール(エタノール)を染み込ませた布や脱脂綿でゴシゴシ拭いて、水拭き、乾拭きで仕上げる。ガラス用の「シリコンオフ」などを使っても同じ。

最後の手段は、「キイロビン」などの油膜取り専用ケミカル(ガラス用コンパウンド)で、研磨して油膜を除去。ちなみに、フロントガラスに撥水コーティングをするときも、あらかじめ油膜を落として下地をきれいにしておかないと、コーティング剤の定着が悪く、水をはじく期間が短くなるので要注意。

反対に、きれいに油膜を落としたらそのままにしないで、撥水コーティングをしておくと油膜が付着するのを防いでくれるので、クリーンな視界が長持ちする。いつもきれいな視界を確保して、ストレスのない快適な運転を楽しもう。