王道だけどやっぱり使える!モテ仕草をマスターしよう

写真拡大 (全3枚)

上目使いや、髪を掻き上げる仕草などは“モテる仕草”と言われているのが一般的ですよね。

そうは言われても、あまりにもあからさますぎると男性に媚びを売っているように見えるため、実際は恥ずかしくてできないと思っている女性も多いのが現状。

しかし、男性が女性に魅力を感じるときに“仕草”はとても重要な役割を果たします。取り立てて美人でもないのになぜかモテる女性は、知ってか知らずか男性を引き付ける仕草をしていることが大半です。

そんな“モテ仕草”を使わない手はありませんよね!今回は、あからさまに媚びを売っているように見えないモテ仕草や、自然にできるポイントをご紹介します。

普段から意識したい”動作編”

クロスの法則

モテる仕草としてよく言われているものに、“クロスの法則”というものがあります。これは、単純に体をクロスさせるというもの。具体的には、足を組む、左のものを右手で取る、右手で左耳に髪をかけるなどです。

クロスをすることでどのような効果があるのでしょう?ポイントはクロスをすることで生まれる身体の曲線や丸みにあります。男性は女性の丸みのあるボディラインに魅力を感じるので、クロスさせて丸みをより強調するということなんですね。

動作としては簡単ですが、クロスの動作は普段から癖付いていないと、なかなかとっさにはできません。また、慣れない動きで動作が変になったり物を落としたりして逆効果になることも・・・。

男性の前でも自然にできるようになるには、普段から意識してやるように心がけるようにしましょう。

手を顔に近づける

さりげに出来るモテ動作の二つ目は、手を顔に近づけることです。具体的には、寒いと言いながら両手で頬を包み込む、顔が火照ったときにも両手で頬を触る、考え事をするときに両手を組んで顎に当てるなど。

相手の視界にいちばん入る顔に対して、女性の細くてきれいな指先を効果的に使うことでその仕草はとても魅力的に映ります。こちらも普段から意識してやることが、男性の前でも自然にできるようになるポイントです。

普段は、よく腕組みをしてしまうという方は要注意。せっかくのきれいな指先が見えないだけでなく、腕組みは相手に高圧的で拒絶的な印象を与えてしまいます。

一気に魅力を上げる”表情編”

目を有効に使う

目を使うモテ仕草はなにも上目使いだけではありません!相手と話すときにいちばん見られる目だからこそ、もっと活用しない手はありませんね。

まず瞬きです。普段はとくに意識せず瞬きをしていると思いますが、それを心もちゆっくりやってみましょう。それだけで一気に女性らしさが出て、ミステリアスな雰囲気を醸し出せることも。

また、別れ際や考え事をするときに、少しうつむき加減で目くばせをしてみてください。まっすぐ前を向いているときとは違った印象になり、これも相手を惹きつけます。雑に引いたアイラインやマスカラが見えて逆効果!ということにならないよう、普段からアイメイクは丁寧にしておいてくださいね。

表情をくるくる変える

モテる女性は表情が豊かです。何を考えているか読み取れないクールな女性も魅力的ですが、わかりやすくモテるのは前者の方。ふだんから喜怒哀楽は表情に出すように心がけましょう。

特に、アクティブでノリがいい男性には、楽しくはしゃいでいる表情を見せるのが有効。とびっきりの笑顔でいるだけで、一緒にいて楽しい子という印象を与えることができます。

ただ、大口を開けてバカ笑いをするわけではないので注意してください。童心に返って物事を楽しむという意識でやれば、自然に無邪気ないきいきとしたモテ笑顔になりますよ。

まとめ

どのモテ仕草も、男性の前だけで意識的にやろうとするのは無理があります。男性の目にも女性の目にも自然に映るためにはある意味癖づけておくことが大事。さっそく今から、意識的にやってみてくださいね。そのうち、無意識な仕草も自然とモテ仕草になっている自分に気づくはずです。