松本人志(ダウンタウン)

写真拡大

19日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、アンジャッシュ児嶋一哉が、ダウンタウン松本人志を怒鳴ってしまった過去を明かした。

番組では、児嶋、ドランクドラゴンの鈴木拓、ロッチの中岡創一の3人がゲストで登場し、鈴木が児嶋に関する過去のエピソードを明かした。

当時、児嶋はイジられ役として名を馳せたが、その度合いが過ぎたため「イジられる」ことに敏感になっていたという。ダウンタウンの番組に出演したときのこと、児嶋が風船のくくられたひもをくわえたまま、プロレスラーにビンタされるという企画を放送したそうだ。

ここで児嶋は、プロレスラーの力が強かったらしく唇を切ってしまった。その後、児嶋が舞台裏で手当していたところ、松本が「お前、さっき殴られたところ大丈夫やったんか?」と心配してくれたそうだ。

しかし、児嶋はこの言葉を「イジり」と勘違いし、「殴られてねぇよ!」と怒鳴ってしまったのだ。雨上がり決死隊の宮迫博之らが慌てて「いやいや違う! 今イジってない!」と制止する事態になったという。中岡はこの話を聞いて、「職業病ですね」と口を挟んでいた。

【関連記事】
アンジャッシュ・児嶋一哉がヒロミへの弟子入りを断られた過去
アンジャッシュの児嶋一哉が「人力舎の松本人志」と呼ばれていた過去
SMAP・中居正広の発言にアンジャッシュ・児嶋一哉が怒鳴りつける「止めろ!」