今回は、エッチの頻度が減ってしまったときの彼氏の本音をご紹介します。人には聞きにくいセックスレス問題について、一緒に見ていきましょう。



1. 何回か彼女に叱られたから


たとえば、交際当初に彼氏がエッチばかりしたがっていて、彼女が「私のカラダだけが目的で付き合ったの?」とイヤそうに聞いたら……男子はこの「悲しい」事実をずっと覚えています。そして彼は、「カラダ目的で付き合っているわけではない。だから、自分の性欲を彼女の前でうまくコントロールできる男にならなくては……」と思うのです。

やがて彼女がセックスレスを憂い始める頃、彼氏は自分の性欲をコントロールできる立派な男になっています。

ではどうすればいい?


交際当初に「カラダ目的なの?」と聞きたくなる女子の気持ちもわからなくはありません。男子が自分で自分の性欲をコントロールできる男を目指すのも、わからなくはありません。だから若いふたりで、性欲の「ありか」をめぐって、ちょっとしたケンカになるわけでしょ?

若いというのは、ときにそういう不幸な出会いを呼び寄せることもあります。そういう彼氏と付き合ってしまったら、もう仕方ないとあきらめたほうがいいかもしれません。そのうち「カラダ目的なの?」と1回も聞かずに済む、理想の彼氏ができますから。

2. 真剣に彼女を愛したいと思ったから



出会った当初は、やたら遊び人のようにエッチを求めてきた彼氏が、最近はさっぱり求めてこない……この背景には、彼が真剣に彼女のことを愛したいと思うようになった、という気持ちがあることも。
つまり、「遊び感覚の恋愛」と言うと失礼かもしれませんが、恋愛がスタートした当初は有頂天になっていたものが、やがて地に足をつけてものを考えるようになった、ということです。たとえば彼が、結婚を視野に入れて真剣に交際したいと強く思い始めたとか。

真剣に交際しようと思えば、男子は真剣に仕事をするしかないわけです。だから当然、エッチの頻度は下がりますよね?

彼氏とちゃんと会話してみて!


ちゃんとカップルで話し合ってみるといいと思います。彼が今なにを考えているのか、彼女は今なにを考えてるのか? こういうのは勘で気づくこともありつつも、話さないとわからないことだってあるでしょ?
あるいは、エッチの頻度のことばかり気にするのではなく、彼の仕事ぶりを気にかけてみるといいと思います。真剣に仕事をし出した男の顔って、シュッと引き締まってきます。

3. 飽きたのではなく、慣れたから



ときどきネットに「彼女に飽きたからエッチをしなくなった」という男子の証言が出てきます。本当に彼女に飽きた男子もいるのだろうとは思いますが、リアルな実態は“飽きたのではなく、慣れた”ということではないかと思います。

付き合い当初は、彼女のセミヌードを見るだけで勃起していたけど、彼女のハダカを見るのに慣れたからもう勃起しない、当然激しい性欲も湧いてこない……これって、女子とすれば悲しいことかもしれませんが、なんでも慣れてくれば当初の欲が減ってきて当たり前だろうと思います。

意外な一面をみせよう


彼氏と真剣に遊んでみてはいかがでしょうか。たとえば、オールで彼とカラオケに行くとか、どこかに旅行に行くとか……夏になったら彼と一緒にフェスに行くとか。そうやって真剣に遊ぶと、彼は自分がまだ知らなかった彼女の新しい一面を知ることになります。「おれの彼女って、こんなステキな一面もあったんだ」という感じで、新しい感動や興奮が彼の中に生まれてきます。

実際、ほどよくエッチしているカップルって、慣れを遠ざける“努力”をしているように見受けられます。つまり、日々お互いに仕事なりなんなりで努力して、常に「新しい自分」を開発しているのです。

セックスレスになると、女子はおそらく「私に魅力がなくなったのかな」と思って悲しむと思います。でも、あなたの魅力が仮に減っていたとしても、彼氏はそういうあなたのことがまだ好きだから別れないで一緒にいるわけです。だから「魅力がなくなったのかな」と自分を責めるようなことをしなくっても大丈夫です。

「私に魅力がなくなったのかな」と自分のことを考えるより、彼が今置かれている状況や考えていることを想像すると、セックスレスに関するそのカップルならではの解決法が、いくつか見つかるものです。
(ひとみしょう)