18日、台湾・台北で行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権フリーで本田真凛はSPに続き2位に終わった。前日のSPでも高得点を出していた本田は、この日も好調で、フリーでも自己新となる133.26点を出した。SPの得点と合わせたトータル201.61点と、日本人のジュニアとしては初めて200点超えを果たしたものの、優勝したザギトワ(ロシア)のジュニア世界歴代最高得点となったトータル208.61点には及ばなかった。

 演技はいきなりの3回転ルッツを無難にこなすと3回転フリップ、3回転トゥループの連続ジャンプも余裕で成功した。フリー曲「ロミオとジュリエット」の大人の世界の表現力も確かなものであり、観衆を魅了するものであった。5種類のジャンプも全てミスも無くスピン、ステップも最高難度4を出し、演技終了後にはガッツポーズも飛び出した。出発前からの自信あるコメント通りの成果を発揮したと言える。

 本田は今回こそ日本人初の連覇を逃したものの、ジュニア選手でこれだけの成績を挙げたのは近年に例が無い。まだ15歳ながらゆとりある堂々とした大人の演技ぶりの評価も高く総合的なポテンシャルの高さも感じさせる。その未知なる成長性とともに来年の平昌オリンピック出場候補として一気に注目度も上がった。