20kg痩せ”別人ダイエット”の極意、脇腹のたるみを予防する簡単エクサなど今週注目の話題

写真拡大



今週(2017.3.11〜2017.3.17)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ ダイエット前の写真も大きな話題を呼んだダレノガレ明美さんの『20kg痩せ”別人ダイエット”の極意』、春に向けて実践したい『脇腹のたるみを予防する簡単エクサ』など、ぜひ週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

 

|ダレノガレ明美さんの“別人ダイエット”の極意は?

かつて「体重が67kgもあった」と発言したことでも知られるダレノガレ明美さん。身長164cmで現在は体重を40kg台をキープしているそうなので、約20kgの減量をしたということですよね?!

ダレノガレ明美さんに学ぶ別人ダイエットの極意

環境も変わる方も多い3月から4月にかけては、ダイエットしてイメチェンするのにまさに最適なシーズンと言われていますから、そんな彼女の“別人ダイエット”の極意を今こそチェックしてみましょう。

■運動
どんなに忙しくても「1日1時間のウォーキング」を実施していたそう。その他も移動はできる限り歩くように心がけていたとか。

■食事
ダイエットには何よりも食事が重要とのことで、例えば「飲み物は温かいものにする」「夜は糖質(炭水化物含む)を摂取しない」「昼はバランスよく、好きなもの(お米も)を食べる」「朝はスムージーとフルーツを摂取する」などのルールを決めてそれを守るように心がけていたようです。

■リンパマッサージ
お風呂上がりには、ボディクリームを使用して脚の下から上に向かってリンパを刺激するマッサージを習慣にしていたそう。

このように、むやみやたらな食事制限ではなく、夜は糖質を抑えてしっかり運動やマッサージなどを習慣的に実践するのが”別人ダイエット”の極意であり、細くしなやかなボディをキープする秘訣と言えます。正攻法のダイエットは確かにキツいものですが、彼女の鮮やかなビフォー&アフターを見せられたら素直にがんばれるはず。今まさにダイエットを決意している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

|脇腹のたるみを予防してスッキリとしたお腹周りに

重ね着をする季節は気になる体のたるみを自然と隠せますが、春に向けてスッキリ軽やかにファッションを楽しめるように、そろそろ本格的にたるんだ体をスッキリとした印象にさせていきたいところ。そこで春へと季節が移り変わる今の時期にピッタリな“簡単たるみ予防エクササイズ”を紹介します。

■お腹周り全体の筋肉に効く「ティーザー・ピラティス」
お腹周りのたるみの一因はお腹周りの筋肉の衰え。しかもお腹周りの筋肉の衰えは猫背やバストの下垂なども引き起こす要因にもなりかねません。そこで実践したいのが、お腹周り全体の筋肉に効く「ティーザー・ピラティス」です。



(1)安定した固めの床に仰向けに寝る
(2)息を吸って、息を吐きながら頭と膝(曲げたまま)を持ち上げる ※意識はお腹に集中し、肩甲骨を後ろに寄せ、肘はまっすぐ、顎は引いてください
(3)息を吸いながら(2)の姿勢をキープし、息を吐きながら膝を上方に伸ばしてキープする ※呼吸は胸式で、吐いたときにお腹を絞るイメージで行います
(4)息を吸いながら膝を戻し、息を吐きながら膝と頭をおろす

なお一連の動きがキツい方は手を着いて支えて行ってもOKです。慣れてきたら(3)のキープする時間を呼吸をしながら長くしてみましょう。ぜひ1日の習慣に取り入れて、くびれ作りに役立ててくださいね。<ピラティス監修:KANA>

 

|美人度をUP。今春のボブのトレンドは“無造作感”です

人気継続中のボブヘアですが、だからと言って“いつもと同じスタイル”では野暮ったい印象を与えてしまう恐れもあります。そこで今春オススメしたいのが“無造作感”をプラスすること。ルーズな雰囲気が抜け感やこなれ感とともに美人度を格上げしてくれます。
ボブヘアは“無造作感”で美人度をUP

出典:@hair.cm / NAOMI

 

そんなあえてルーズ感を出してスタイリングした無造作ヘアは多くのモデルや芸能人たちも取り入れているスタイル。「しっかりお手入れをしているのに自然な感じ」がテーマです。ポイントは“前髪をゆるっと作ってサイドに寄せる”こと。また毛束感をプラスすると、さらに今年らしさが出ます。

さらに、ぱつんとただ切っただけのように見える“切りっぱなしボブ”も無造作感を演出する一手。

出典:@hair.cm / Chiaki Kato

スタイリングも簡単で、スタイリング剤を手に馴染ませたら揉み込むように髪につけていくだけ。ふんわりとした前髪と、切りっぱなしのように見える毛先がこなれ感と可愛さを与えてくれるでしょう。