WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 PGAツアーのバルスパー選手権(3月9日〜12日/フロリダ州)は、アダム・ハドウィン(29歳/カナダ)とパトリック・カントレー(25歳/アメリカ)が熾烈な優勝争いを展開。最終日、最終18番ホールを迎えて、ともに通算14アンダーで並んでいたが、カントレーがボギーとし、パーをセーブしたハドウィンがツアー初優勝を飾った。

 ラウンド後、悔しさに打ちひしがれていたのは、最後に痛恨のボギーを叩いたカントレーだ。「今週はいいことがたくさんあった。ただ、最後はやるべきプレーができなかった……」と、がっくりと肩を落とした。

 とはいえ、昨年は一度も試合に出場していないカントレー。今季は”公傷制度”を利用してツアーを戦う彼にとって、この2位という結果は非常に大きな意味がある──。


バルスパー選手権で2位と健闘したパトリック・カントレー ところで、このカントレーの名を覚えているだろうか?

 2011年、UCLAの学生だった19歳のときに全米オープンのローアマに輝き、翌週にはPGAツアーのトラベラーズ選手権(2日目)で、アマチュアながら「60」という驚異的なスコアをマークして大きな注目を集めた。

 さらに、2012年のマスターズでは、当時アマチュアの松山英樹を最終日に逆転して、ローアマを獲得。世界アマチュアランキング1位の座に史上最長記録となる55週間君臨するなど、将来を嘱望されたトップアマだった。

 そうして、同年6月には鳴り物入りでプロ転向を果たし、2013年3月には下部ツアーとなるウェブドットコムツアーでプロとして初の勝利を飾っている。

 しかし、人生は何が起こるかわからない。ある日、カントレーの背中に突然痛みが生じた。以来、順風満帆だった彼のゴルフ人生の歯車が大きく狂い始めてしまった。

 災難に見舞われたのは2013年5月、クラウンプラザ招待atコロニアル(現ディーン&デルーカ招待)の2日目の朝だった。練習場でウォーミングアップしていたカントレーに、「誰かに、背中をナイフで切りつけられたのかと思った」というほどの激痛が走った。

 その瞬間は「すぐに(痛みも)治まるだろう」と思ってラウンドに出たが、7ホール目で痛みに耐え切れずに途中棄権。すぐに診断を受けると、医師から「腰椎の疲労骨折。3カ月はプレーできない」と告げられるのだった。

 その後、8月に復帰してウェブドットコムツアーのファイナルズに出場。2013-2014年シーズンのPGAツアーカードは無事に獲得したが、痛みが消えることはなかった。

 その結果、2013-2014年シーズンに出場したのはわずか5試合。2015-2016年シーズンにいたっては1試合のみにとどまった。その頃のことを、カントレーが振り返る。

「(背中の痛みを)治すために、あらゆるドクターのもとを訪ねた。ドイツまで行ったこともある。何より苦しかったのは、練習さえもできないことだった」

 カントレーを襲った”悲劇”は、自らの負傷だけではなかった。昨年2月、高校時代からの親友で、自身のキャディーも務めてくれていたクリス・ロスが、カリフォルニア州の路上でひき逃げにあって命を落とした。事故はまさにカントレーの目の前で起こり、ロスはカントレーの腕の中で息を引き取ったという。

「(当時)僕は人生の最下点にいたと思う。大切なものは、もう何もなかった。何をやっても、何を見ても、悲しくなった。幸せな気持ちになんて、一切なれなかった。たったひとつの出来事が、こんなにも人生を変えてしまうとは、思いも寄らなかった」

 それでも、カントレーが失わなかったものが、ひとつだけある。

「プレーへの情熱。(事故から)数カ月経って、それだけは(自分の中に)まだ残っていることに気づいた。ゴルフは一番大切なものではないけれど、でも今も『いいプレーをしたい』と、そう思う気持ちはずっと変わっていない」

 ようやくプレーできるようになった今季、カントレーには公傷制度によって「10試合」の参戦が認められている。

 そして、今大会で2位になって68万4000ドル(約7800万円)を獲得。これで、公傷制度「10試合」におけるノルマだった62万4000ドルを突破し、残りのシーズンはシード選手として出場制限なしに戦うことができるようになった。2位とはいえ、その結果は非常に価値のあるものだったのだ。

「勝てなかったことは、本当に悔しい。だけど、シード復活を果たすことができた。それは、今週唯一のポジティブな出来事だった。これからも、次の試合でまた優勝を狙うだけだ」

 そう話すカントレーは、シード復活だけに満足することはない。ここ数年は苦難の連続だったからだろう、そうした経験を経てきた彼の姿はとても大人びて見えた。

 3月17日に25歳となったカントレーは、松山英樹と同い年。ふたりが優勝争いを演じて、カントレーに本物の笑顔が戻ってくればどんなにいいだろうか――そんな思いが込み上げてきた、カントレーの復活劇だった。

■ゴルフ 記事一覧>>