この男のご機嫌をうかがう必要はない 共同通信社

写真拡大

 安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談が2月中旬に実現。ゴルフを一緒に楽しむなど、安倍首相は新大統領との関係強化に努めた。しかし作家の落合信彦氏は、「27ホールのラウンド」で浮かれている場合ではないと警告する。

 * * *
「トランプとの首脳外交は、ロシアン・ルーレットのようなものだ」

 ニューズウィークは、そう指摘している。日本はもう何度も、そのロシアン・ルーレットの弾に当たっている。トランプは突然、トヨタに対し「メキシコへの工場建設はあり得ない!」「アメリカに工場を建設しないと多額の関税を払わせる」とツイッターで恫喝。さらには「日本は為替操作している」と放言した。そのたびに、市場は揺さぶられることになった。

 安倍はトランプと一緒に27ホールもラウンドし、何度も食事をともにしたことで「大統領と信頼関係を築いた」と強調していたが、「トランプの弾」はすぐに日本に飛んでくるはずだ。

 2月中旬の日米首脳会談は、まるで「飼い主と犬」のようだった。大統領専用機「エアフォース・ワン」に乗せてくれるからといって喜び、フロリダ州の別荘に招かれて浮かれ、トランプが好きだという「金色」のネクタイを締めて尻尾をブンブン振る。トランプは、安倍のことを「呼べばすぐ飛んでくる犬」くらいに考えているはずだ。

 安倍は共同記者会見で「大統領は素晴らしいビジネスマンだが、議員や知事の経験はなかった。これこそまさに、民主主義のダイナミズム。大統領就任を、心から祝福したい」と持ち上げた。テレビは「今回の首脳会談は100点満点に近い」と評価していたが、トランプは安倍のことを「犬」として可愛がっただけだ。

 首脳会談で自動車などの貿易問題や在日アメリカ軍の経費負担問題が出なかったことが、なぜ「100点満点に近い」のか? つい先日まで日本を口汚く攻撃していたのは、トランプ自身に他ならない。それを忘れたふりして「仲良しごっこ」することに意味はない。

 どうせまた「日本はもっとアメリカ車を買え」などと言い出すのだから、安倍は正々堂々と交渉すればいいのである。ケンカすることを恐れて「従順な犬」を続けていれば、必ず日本の国益は蝕まれていくのだ。

※SAPIO2017年4月号