15年後も香取とスマステを続けたいと語る大下アナ

写真拡大

 昨年12月に発表されたオリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で、初めて9位にランクインした、テレビ朝日の大下容子アナ(46才)。その結果を本人は謙遜するが、番組でともに司会を務めるパートナーたちのほうが本人以上に嬉しそうな顔を見せるところに大下アナの人柄を感じる。15年以上にわたって週に6日、生放送の番組を2つ担当し続けている原動力とは!?

 生放送を週6日担当するのも珍しいが、『ワイド!スクランブル』は19年、香取慎吾と組む『SmaSTATION!!』は15年と長寿番組を担当している大下アナ。さすがに大変では? と思いきや、「そんなことないんです」とふんわりとした笑顔で返された。

「『ワイド!スクランブル』では事件や事故を扱うことも多く、1回も笑顔を見せられないまま終わることもあります。だから、“スマステ”で香取さんやゲストのかたとハッピーな気持ちで心から笑って1週間を終えられることが、すごく精神的にいいんです。“スマステ”に救われている部分は大きくて、いちばんほっとできる場所。ニュースで心が疲れている時でも、すべてを包みこんでくれます。『ワイド!スクランブル』も、長年やっていて飽きませんか? と聞かれることもあるんですけど、自分でもびっくりするくらい飽きなくて(笑い)。扱うニュースが毎日違って、常に新鮮だからだと思います」(大下アナ・以下「」内同)

 とはいえ、最初に『ワイド!スクランブル』の担当にと言われた時には、戸惑いが大きかったという。

「スポーツが好きで、1998年には長野五輪とW杯サッカーの取材を担当して、スポーツでやっていこうと思った矢先だったんです。ワイドショーというのは全然考えていなかったので、『それは決定ですか? 相談ですか?』と、生意気なことを言いに行った覚えもあるくらい、びっくりしちゃって。でも、広くいろいろなことに興味があるので、実はワイドショーはすごく自分に合っていたんだなと、今では感謝しています。

(橋本)大二郎さんは本当に準備をしっかりされるので、影響を受けました。私ももっとしっかり準備しなければ…とだんだん出社が早くなったんです(笑い)。“スマステ”で香取さんとご一緒していることも、“ワイド”にすごく生かされていて。香取さんのお話の転換のされ方や、さりげなくユーモアも交えながら進行できるところが、本当に勉強になっているんです」

 確かな技術と実力を兼ね備えたベテランアナウンサーながら、「向いていないと日々よく思う」と自らへの評価は謙虚。長年、仕事を続ける上で大切にしていることを尋ねると「自分が素直に感じたことを大切にして、視聴者に伝えること」だという。昨年、番組で共演している香取に関連する話題を『ワイド!スクランブル』で取り上げた際に、大下アナのコメントが話題になったが、その発言の裏には、一人の取材者としてのプロ意識があった。

「香取さんとは、長年ずっと番組をご一緒しているので、何も言わないのは…と思いました。自分が見て、聞いて、感じたことには嘘はないし、一人の取材者としての視点で伝えたいと思いました。たくさんのかたに救われたと言っていただき、こちらこそ救われる思いです」

“スマステ”15周年を記念して香取を取材した際に、「15年後も大下アナと一緒に番組を続けたい」と答えた香取。大下アナに、今後の夢を尋ねると、茶目っ気のある笑顔で即答された。

「15年後も、香取さんと一緒に“スマステ”を続けられたら。定年超えちゃってますけど(笑い)」

撮影/marron.

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号