レーティング:ビルバオ 1-2 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽リーガエスパニョーラ第28節、ビルバオvsレアル・マドリーが18日にサンマメス・バリアで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ビルバオ採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK

26 アリザバラガ 5.5

2失点共に責任なし。幾度か好守を見せた

DF

18 デ・マルコス 6.0

堅実な守備に加え、精度の高いキックやタイミングの良い攻め上がりで攻撃にも貢献

27 ジェライ・アルバレス 5.0

1失点目では1人だけラインを上げられず、失点に関与。やや食い気味な守備でバタ付いた

4 ラポルテ 5.5

スピードのなさを冷静なポジショニングでカバー。繋ぎの精度も上々

24 バレンシアガ 6.0

ベイルを封じつつ、要所で効果的に攻め上がった

MF

11 イニャキ・ウィリアムズ 6.0

前半はやや目立たなかったが、後半はマルセロを翻弄して同点ゴールの起点になった

8 イトゥラスペ 5.5

攻守に戦う姿勢をみせ、及第点の出来

22 ラウール・ガルシア 6.5

空中戦で圧倒的な強さを発揮し、1アシストなど攻撃の中心を担った

(→スサエタ -)

7 ベニャト 5.5

プレースキックの場面など、持ち味のキック精度は見せた

(→ミケル・リコ -)

15 レクエ 5.5

前半は攻撃面で起点となったが、決定的な仕事に絡めず

(→ムニアイン 5.0)

消極的なプレーが多く、レクエと比べて仕事量は少なかった

FW

20 アドゥリス 6.0

同点ゴールを記録するなど、相手に一定の脅威を与えた

監督

バルベルデ 5.5

善戦も交代策が全く機能しなかった点はマイナス

▽レアル・マドリー採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 ケイロル・ナバス 6.0

やや自信を失っている印象もあったが、後半のビッグセーブで勝利に貢献

DF

2 カルバハル 6.0

流れてくるラウール・ガルシアの空中戦に苦戦も、攻守に及第点以上

6 ナチョ 6.0

空中戦で大苦戦もミスの少ない守備で耐え切った

4 セルヒオ・ラモス 6.0

アドゥリスとラウール・ガルシアとの空中戦で唯一互角に競り合えていた

12 マルセロ 5.5

後半は対面のウィリアムズに翻弄されたが、大崩れはしなかった

MF

19 モドリッチ 5.0

フィジカル重視の試合にうまく入り切れず、後半序盤に交代

(→L・バスケス 5.5)

最低限の仕事はこなしたが、レギュラー奪取に向けてアピールできず

14 カゼミロ 6.5

値千金の決勝弾を記録。空中戦以外の場面でソリッドな守備を見せた

8 クロース 5.5

プレースキックで見せ場は作ったが、やや競り合いを避けているような淡泊なプレーも散見

FW

11 ベイル 5.5

守備にまずまず貢献も、攻撃面で見せ場は少なかった

9 ベンゼマ 6.5

見事なフィニッシュで先制点を奪取。チャンスメークや守備でも貢献

(→モラタ -)

7 C・ロナウド 6.5

ゴールこそなかったが、2アシストで勝利に貢献

(→イスコ -)

監督

ジダン 6.0

システム変更直後に追いつかれたが、すぐに勝ち越した後は冷静に試合を運べた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ベンゼマ(レアル・マドリー)

▽決勝点を決めたカゼミロも見事だったが、前半に攻守に躍動したベンゼマをMOMに選出。とりわけ、攻撃面での気の利いたプレーが利いていた。

ビルバオ 1-2 レアル・マドリー

【ビルバオ】

アドゥリス(後20)

【レアル・マドリー】

ベンゼマ(前25)

カゼミロ(後23)