アシストを記録したFC東京DF太田宏介

写真拡大

[3.18 J1第4節 FC東京3-0川崎F 味スタ]

 左足から蹴り出されたボールは、ピンポイントで届けられた。リーグ開幕から4試合目。オランダのフィテッセから今季FC東京に復帰したDF太田宏介は、「やっと、クロスからアシストができた」と安堵の表情を浮かべた。

 見せ場は1-0と1点をリードして迎えた後半41分に訪れる。左サイドを駆け上がった太田は、「翔哉が良いパスを出してくれた」とMF中島翔哉からパスを呼び込む。すぐさま川崎FのDF奈良竜樹が距離を詰めてくると、「自分の感覚でダイレクトで上げるより、一回突けば竜樹が飛び込んでくるのが分かった」と冷静に状況を判断。ワンタッチでボールを持ち出し、奈良より体が前に出たところで勝負はあった。「あそこまで行ったら、ウタカのポジションも見えていた」と左足の正確なクロスを供給し、FWピーター・ウタカのダイレクトボレーを導いた。

「ウタカが本当に良いスポットに入ってくれた。クロスを上げるときは中に選手がいないと成立しないから、彼のポジショニングのうまさ、しっかりと決め切る決定力に感謝したい」

 チームメイトに感謝を示した男は、開幕から3試合は「なかなか前で絡むことができなかった」と振り返りながらも、このクロスは「理想どおり。完璧だった」と語り、笑顔を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第4節1日目 スコア速報