首位神戸が4連勝、鹿島は逆転勝利…大久保がFC東京加入後初ゴール/J1第4節

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が18日に各地で行われた。

 唯一の3連勝で単独首位に立つヴィッセル神戸はホームでジュビロ磐田と対戦。0−0で迎えた後半立ち上がりの46分に大森晃太郎の2試合連続ゴールで先制すると、この1点を守り切り、1−0で勝利を収めた。神戸はこれで4連勝となり、首位をキープしている。

 昨季王者・鹿島アントラーズは敵地で清水エスパルスと対戦。前半のうちに先制ゴールを許した鹿島は71分にも失点を喫してしまう。しかし、直後の74分に植田直通のゴールで1点を返すと、79分に鈴木優磨が決めて試合を振り出しに戻す。さらに85分には金崎夢生にゴールが生まれ、逆転に成功。2点差をひっくり返して勝ち点3を掴んだ。

 今節の注目カードとなったのが、FC東京対川崎フロンターレの“多摩川クラシコ”。試合は76分にオウンゴールでFC東京が先制すると、86分にはピーター・ウタカがリードを広げる追加点を奪った。さらに後半アディショナルタイム2分には昨季まで川崎でプレーしていた大久保嘉人が移籍後初ゴールをマーク。FC東京が3−0で大一番を制し、川崎は今季初黒星を喫した。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1第4節結果
▼18日
北海道コンサドーレ札幌 2−1 サンフレッチェ広島
横浜F・マリノス 1−1 アルビレックス新潟
ヴァンフォーレ甲府 1−0 大宮アルディージャ
清水エスパルス 2−3 鹿島アントラーズ
柏レイソル 0−1 ベガルタ仙台
セレッソ大阪 1−0 サガン鳥栖
ヴィッセル神戸 1−0 ジュビロ磐田
FC東京 3−0 川崎フロンターレ
▼19日
ガンバ大阪 vs 浦和レッズ

■J1第4節順位(※は1試合未消化)
1位 神戸(勝ち点12/得失点差5)
2位 FC東京(勝ち点9/得失点差3)
3位 鹿島(勝ち点9/得失点差2)
4位 仙台(勝ち点9/得失点差1)
5位 G大阪(勝ち点7/得失点差5)※
6位 横浜FM(勝ち点7/得失点差3)
7位 川崎(勝ち点7/得失点差0)
8位 浦和(勝ち点6/得失点差4)※
9位 清水(勝ち点6/得失点差1)
10位 C大阪(勝ち点5/得失点差−1)
11位 磐田(勝ち点4/得失点差−1)
12位 鳥栖(勝ち点4/得失点差−2)
13位 札幌(勝ち点4/得失点差−3)
13位 甲府(勝ち点4/得失点差−3)
15位 柏(勝ち点3/得失点差−2)
16位 新潟(勝ち点2/得失点差−3)
17位 広島(勝ち点1/得失点差−3)
18位 大宮(勝ち点0/得失点差−6)

■第5節対戦カード(4月1日、2日)
▼1日
仙台 vs 川崎
新潟 vs G大阪
広島 vs 柏
磐田 vs 清水
C大阪 vs 横浜FM
FC東京 vs 鳥栖
神戸 vs 浦和
大宮 vs 鹿島
▼2日
甲府 vs 札幌