2試合連続得点で神戸を勝利に導いた大森「勝てたことが一番」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田が対戦した。

 試合は後半立ち上がりの46分、今季新加入の大森晃太郎が2試合連続ゴールを挙げ、神戸が1−0で勝利。開幕4連勝を飾った。

 試合後、決勝点を決めた大森がインタビューに応じている。

 開口一番「嬉しいです」とコメントした大森は、「勝てたことが一番やと思っているんで、嬉しく思います」と磐田との一戦を振り返った。今後に向けては「次も勝てるように頑張ります」と力強く宣言している。