公式戦4試合連続ノーゴールに終わってた大久保が、ついに移籍後初得点を挙げた。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ4節]FC東京3-0川崎/3月18日/味スタ
 
「ありがとうございます!」
 
 3-0快勝を収めた川崎戦後、古巣相手に移籍後初ゴールを決めたFC東京の大久保嘉人は、満面の笑顔でヒーローインタビューに答えた。

【FC東京 3-0 川崎 PHOTO】大久保&P.ウタカのゴールでFC東京が多摩川クラシコを制す!

「本当に特別な試合でした。まだ得点ができてなくて焦っていましたが、ホームでこうした形で得点できたのは最高に嬉しいです」
 
 歓喜の瞬間が訪れたのは、終了間際の90+2分。ピーター・ウタカとのワンツーでエリア内に侵入した大久保は、GKチョン・ソンリョンをかわして川崎の息の根を止める3点目を流し込んだ。
 
「常に得点は狙ってましたが、2-0でリードしていたので、そこまで焦らずにチームが勝つためにやろうと思っていました」という目標を達成したうえで、初ゴールも決めたのだ。「本当に最高です」と破顔するのも当然だろう。
 
 また、このゴールは、単なる1ゴール以上の価値があるとも言えそうだ。節目の移籍後初ゴールというだけではなく、P・ウタカとの連係で陥れたところに意味がある。

 ゴールにつながったP・ウタカとのコンビネーションについては、「ウタカ選手とはいつも練習中に近くでやろうと話していますし、ウタカ選手は常に自分のことを見ているので、自分も信じて走り込みました」。トレーニングからしっかりコミュニ―ションが取れていることを強調した。
 
 13年から3年連続でJ1得点王に輝いた大久保と、昨季のJ1得点王であるP・ウタカの連係が噛み合えば、恐ろしい2トップが誕生する。堅守に定評があるチームに破壊力が加わるのだ。まさに鬼に金棒だろう。
 
 大久保が決めた移籍後初ゴールは、チームにとっても大きな一歩になったかもしれない。これからこの得点王コンビが、どんな融合を見せてくれるのか楽しみだ。