柏DF中山雄太、U20代表のドイツ遠征を辞退…右足負傷で治療へ

写真拡大

 柏レイソルは18日、DF中山雄太がU−20日本代表のドイツ遠征を辞退すると発表した。

 中山は14日に発表されたU−20日本代表のドイツ遠征メンバーに選出されていたが、負傷のため、辞退することとなった。同選手は右足関節滑膜炎と診断され、約3週間の加療を要する見込み。

 内山篤監督が率いるU−20日本代表は、今月7日から8日にかけて東京都内でトレーニングキャンプを実施。8日にはFC東京との練習試合も行った。今回のドイツ遠征は19日から29日までの日程で、現地では練習試合を3戦実施する予定となっている。