携帯電話およびスマートフォン・ユーザーで、メインでMVNOを利用していると答えた人の比率が全体の7.4%となり、昨年より1.8ポイント増えたことがわかりました。

メインでMVNOを利用する人が1年で1.8ポイント増に

MMD研究所は、15〜69歳の男女43,212人を対象に、2017年3月3日〜3月10日の期間で「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施、結果をまとめました。
 
メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者を聞いたところ、「docomo(32.8%)」「au(29.6%)」「SoftBank(23.3%)」と大手3キャリアを合わせると85.7%、「Y!mobile」が3.4%、「MVNO」が7.4%でした。MVNOは2016年4月時点では5.8%だったので、約1年で1.8ポイント増加したことになります。
 
またサブキャリアブランドの「Y!mobile」と「MVNO」を合わせると10.8%となりました。
 
20170317-1
 
20170317-1-2s

 
格安SIMの認知度に関する7択の質問では、「格安SIMという言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」が31.9%で最多となり、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない(利用を検討するまでに至っていない)」が22.4%、「全く知らない」が12.2%と続きました。
 
20170317-2-1

音声通話では楽天モバイル、データ通信ではOCNモバイルONE

格安SIMを利用していると回答した人5,236人を対象に、メインで利用している格安SIMサービスを聞いたところ、利用率がもっとも高かったのは「楽天モバイル」で20.0%、次が「OCNモバイルONE」で12.3%、3位が「mineo」で11.7%という結果となりました。
 
20170317-3

 
また格安SIMサービス利用者がメインで利用している契約プランでは、音声通話プランを利用していると回答した人が56.5%、データ通信プランのみが43.5%でした。
 
20170317-4-1

 
契約プラン別の格安SIMサービス業者シェアでは、音声通話プラン契約者2,959人では「楽天モバイル」がもっとも多く27.1%、次いで「mineo」(14.1%)、「OCNモバイルONE」(9.2%)となりました。
 
一方、データ通信プラン契約者2,277人では「OCNモバイルONE」がもっとも多く16.2%、「楽天モバイル」が10.8%、「IIJmio」が9.6%でした。
 
20170317-4-o
 
20170317-4-d

格安SIM利用はスマホが8割

格安SIMサービス利用者が格安SIMを挿してメインで利用しているデバイスは、スマートフォン(Android)」が57.3%でもっとも多く、次が「スマートフォン(iPhone)」の24.9%となり、利用者の8割がスマートフォンで利用していることがわかりました。
 
20170317-5
 
また格安SIMを挿しているデバイス別に利用している格安SIMサービスを見ると、スマートフォン(Android)利用者3,000人は「楽天モバイル」、iPhone利用者1,305人は「mineo」の利用がもっとも多く、タブレット利用者は全てのOSでOCNモバイルONEの利用がもっとも多いという結果となりました。
 
20170317-5-2
 
 
Source:MMD研究所
(lunatic)