ルーキー翁長の決勝点で長崎が勝利…金沢は今季初得点も未勝利続く

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第4節が18日に行われ、V・ファーレン長崎とツエーゲン金沢が対戦した。

 4分、左からのCKに木村裕が頭で合わせて、長崎が先制する。27分に長崎守備陣の連携ミスを見逃さなかった佐藤洸一が決めて、金沢が追いつく。すると前半終了間際の44分、翁長聖が反転から3人に囲まれながらも右足を振り抜き、長崎が勝ち越しに成功する。

 後半はスコアが動かず2−1でタイムアップ。大卒ルーキー翁長の決勝点で、ホームの長崎が勝利を収めた。

 次節、長崎はアウェイで京都サンガF.C.と、金沢はホームでFC町田ゼルビアと対戦する。

【スコア】
V・ファーレン長崎 2−1 ツエーゲン金沢

【得点者】
1−0 4分 木村裕(長崎)
1−1 27分 佐藤洸一(金沢)
2−1 44分 翁長聖(長崎)