写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン公認サポートキャプテンを務める元SMAPの中居正広が、18日に放送されたTBS系バラエティ番組『炎の体育会TV』(毎週土曜19:00〜)に出演。快進撃を続ける侍ジャパンについて熱く語った。

番組では、中居が球場でリポートしている姿を紹介し、中居の興奮度の高かった場面を「興奮度ランキング」ベスト5として発表。1位に輝いた場面は、怪我で離脱した嶋基宏捕手の代役として出場した小林誠司捕手(巨人)が、準決勝進出がかかった2次ラウンドのオランダ戦で勝ち越しタイムリーを放った場面で、中居はその瞬間、「小林ー! 小林ー! 打てるじゃねーかよ小林!」と大興奮だった。

昨シーズンの打率がリーグ最下位の.204だった小林は、このWBCで大活躍。番組では、「WBCで覚醒した影のヒーロー」と称え、1次ラウンド・キューバ戦の小林のWBC第一打席でのヒットや、1次ラウンド・中国戦での2ランホームランも紹介した。巨人ファンで知られる中居も「.204しか打ってなくて、こんなに打てるもんなのかなって」と驚いたという。

中居はまた、「打撃もそうなんですけど、やっぱりキャッチャーとしてかなと思います」とコメント。「一生懸命取るのよ。大丈夫、取るからって。あのひたむきな感じ」と、体を張って球を受け止める小林について熱く語り、思わず「抱かれてもいいかなって」という発言も。さらに、「野球人としての人間としてもすごく大きくなるんじゃないですか」と話した。