大久保が移籍後初ゴール。古巣・川崎に恩返し弾を見舞った。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ4節]FC東京3-0川崎/3月18日/味スタ

 J1・4節のFC東京対川崎が3月18日、味の素スタジアムで行なわれ、ホームのFC東京が3-0で快勝した。
 
 試合が動いたのは後半だ。まずは、0-0で迎えた76分、大久保嘉人のスルーパスで左サイドを抜け出した阿部拓馬が、エリア内に侵入してグラウンダーのクロスを入れる。これが相手DFに当たってゴール方向に転がり、ネットを揺らした。川崎のGKチョン・ソンリョンも反応したが、出した足に当てるのが精一杯だった。
 
 さらに、FC東京は86分、高い位置に進出した太田宏介が縦に仕掛けてクロスを上げると、中央で待ち構えていたピーター・ウタカが右足で蹴り込む。そして最後は、90+2分。P・ウタカのスルーパスを受けた大久保がGKをかわして決定的な3点目を流し込んだ。
 
 新加入の強力FWふたりが揃って移籍後リーグ戦初ゴールを決め、最高の形でFC東京が勝利。これでFC東京は勝点を9(3勝1敗)に伸ばし、2位に順位を上げている。