【警告】神戸=なし 磐田=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大森晃太郎(神戸)

写真拡大 (全4枚)

[J1・4節]神戸1-0磐田/3月18日/ノエスタ
 
【チーム採点・寸評】
神戸 6.5
「前線で起点が作れなかった」(ネルシーニョ監督)前半から一転、後半はスペースを効果的に使いながらチャンスを創出。終盤は相手の反撃を受けたが、組織的な守備を機能させながら逃げ切った。 

【神戸1-0 磐田 PHOTO】大森の決勝弾で神戸が4連勝、首位を堅守!
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6.5
ハイボールや至近距離からのシュートを無難に処理。目立ったミスはなく、見ていて安心感があるパフォーマンスだった。
 
DF
6 高橋峻希 6.5
前方にオープンスペースがあれば、迷わず縦に仕掛る姿勢は◎。右サイドから前線の渡邉へ鋭い縦パスを通した41分のワンプレーには好感が持てた。
 
5 岩波拓也 6.5
川又とのマッチアップでは引けを取らず、空中戦、地上戦とも余裕を持って対応。CBでコンビを組む渡部との連係も、試合ごとに安定感が増している印象だ。
 
3 渡部博文 6.5
得意の空中戦では抜群の強さを発揮。激しい寄せからボールを奪い切るなど、対人戦でも存在感を見せた。
 
22 橋本 和 6
攻撃面に関わるシーンは限られたが、タイミングを見計らったインターセプトや対人守備で貢献。自陣が守るサイドを崩される場面はなかった。
 
MF
14 藤田直之 6.5
長短織り交ぜた正確なパスを配給し、攻撃を構築。ニウトンとのバランスを意識しながら、中盤のスペースを確実に埋める働きも効いていた。
 
7 ニウトン 6.5
中盤のスペースで積極的にパスを受けて展開力を発揮。守備では、狙いどころを定めて激しいチャージでボールを奪い切るなど、プレーは安定していた。
 
MAN OF THE MATCH
29 大森晃太郎 7(77分 OUT)
後半早々、ペナルティエリア内左でボールを受け、右足で2試合連続の先制点を奪取。終始、厳しいマークを受けながらも隙を逃さず、殊勲の活躍を遂げた。
 
23 松下佳貴 6.5
攻守にハードワークし右サイドを安定させる。終盤まで運動量を落とさず、しっかりと敵に身体を寄せながら守備に奔走するプレーは見事。
FW
8 ウエスクレイ 6.5(79分 OUT)
鋭い突破力を生かし先制点の起点に。巧みなステップで抜群のキープ力を発揮するとともにプレスバックも忠実にこなすなど、指揮官からの信頼をより確固たるものにした。
 
19 渡邉千真 5.5
巧みなキープと味方からパスを引き出す動きは良かった。しかし、前半に二度、後半に一度あった決定機を決められなかったのは残念だった。
 
 
交代出場
FW
21 田中順也 ―(77分 IN)
2列目の左サイドに入り、主にスペースをカバーする役割を貫徹。信頼を取り戻し、左足の豪快な一撃を披露してほしい。
 
FW
33 大槻周平 ―(79分 IN)
清水との開幕戦以来、3試合ぶりにピッチに立つ。途中出場ながら上手く試合の流れに入り、前線からプレスを仕掛け、ボール奪取からチャンスになりかけたシーンもあった。
 
MF
16 高橋秀人 ―(88分 IN)
クローザーとして登場。インパクトを残すほどの出場時間を確保できなかったが、上手くスペースを消すなど、出来る限りのタスクはこなしていた。
 
監督
ネルシーニョ 7
前半に課題を残した攻撃面をしっかりと修正し、勝利を手繰り寄せたあたりはさすが。結果的に、田中順を控えに回し、ウエスクレイの先発起用も当たった。
【チーム採点・寸評】
磐田 5.5
前半から守備はある程度機能していただけに、後半早々の失点は悔やまれる。川又が前線で起点になれなかった攻撃は、やや物足りなさを感じた。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6
冷静な反応で渡邉との1対1の場面を切り抜けるなど、パフォーマンスは比較的安定していた。フリーでシュートを撃たれた失点場面は、ノーチャンスだろう。
 
DF
24 小川大貴 5.5
後半に入り、積極的なオーバーラップから何度か高い位置まで侵入したが、マッチアップした橋本の手堅い守備に突破を阻まれる。クロスの精度にもやや難があった。
 
5 櫻内 渚 6
失点後、前掛かりになったため何度か背後を突かれたが、渡邉の決定機を阻むシーンも。局面ごとのプレー判断はまずまずだった。
 
3 大井健太郎 6
最終ラインを統率しつつ、セットプレーでは果敢にゴールを狙った。64分のセットプレーでは、ニアサイドに飛び込むも惜しくもヘディングシュートはサイドネットへ。
 
13 宮崎智彦 6
あまり目立たなかったが、相手への寄せ、球際での力強い守備は悪くなかった。サイドからの積極的な攻撃参加をより増やせればなお良かった。
 
MF
40 川辺 駿 5
攻守のつなぎ役としてフル出場したが、あまり効果的なプレーがなかった。強引にでも突破を仕掛けて、攻撃に厚みを加えても良かったか。
 
8 ムサエフ 5
積極的にゴール前へ顔を出していた後半のプレーを、前半から見せたかった。66分に右サイドからのクロスをスルーした場面は、シュートを選択しても良かったのでは。
 
9 太田吉彰 6(77分 OUT)
力強い突破で攻撃をサポート。70分には、松浦のシュートがポストに当たったボールを押し込んだが、オフサイドの判定に。
 
10 中村俊輔 6
序盤から相手の執拗なマークに遭い、ゴールに近い位置でのプレーは限られる。それでも、サイドや中央にポジションを取る「フリーマン」となり、攻撃の潤滑油として機能したあたりはさすがだった。
 
15 アダイウトン 5(70分 OUT)
何度かゴールに迫る場面がありながら、シュートまで持ち込めなかったのは反省点。可能性は感じさせたが、消化不良だった印象は否めない。
FW
20 川又堅碁 5(61分 OUT)
神戸の岩波、渡部の両CBに動きを封じられインパクトを欠く。前線で起点さえ作らせてもらえず、後半途中でピッチを去った。
 
 
交代出場
FW
18 小川航基 5(61分 IN)
プロ2年目にして記念すべきリーグ戦デビューを飾るも、味方から上手くパスを呼び込めず期待には応えられなかった。この試合で得た課題を成長の糧としたい。
 
MF
11 松浦拓弥 6(70分 IN)
切れのある動きで存在感を示し攻撃を活性させる。出場直後に左サイドからポスト直撃のシュートを放つなど、随所に光るプレーは見せた。
 
MF
14 松本昌也 ―(77分 IN)
4試合連続で途中出場するも見せ場はなかった。敵陣でボールを受けても、スペースが限られる中で持ち味を発揮し切れていなかった。
 
監督
名波 浩 5.5
交代カードを駆使して終盤は流れを引き寄せたが、あと一歩が足りなかった。迫力を欠いた攻撃面に、小さくない課題を残す。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。