【アロマ占星術】3月20日、太陽が牡羊座へ 始まりのパワーをアロマでサポートしよう!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地よいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 3月20日、魚座にいる太陽が「牡羊座」に移動します。その後、4月20日までは、牡羊座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマをご紹介しましょう!

■牡羊座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】牡羊座(火のエレメント)
【期間】3月20日〜4月20日
【ポジティブなメンタル症状】情熱的になる、決断力や行動力が高まる
【ネガティブなメンタル症状】自己主張が強くなる、深く考えずに行動する

 牡羊座に太陽が入る3月20日は、「春分の日」。太陽が黄経0度に達し、新しい1年をスタートするタイミングを迎えます。占星術においては、お正月のような重要なときです。

 牡羊座は、生まれたばかりの生命のようにとても素直で情熱的、自分を主張する力や直感的な行動力に満ちたエネルギーを持っています。牡羊座太陽期のエネルギーは、始まりのシーズンにピッタリです。地上に生きる私たちも、新年度を迎える季節。牡羊座パワーを上手に活かして、春からのスタートダッシュに弾みをつけましょう。

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……ローズマリー
 普段から決断力や行動力が優れている火のエレメントの人たちは、牡羊座の象徴オイルである「ローズマリー」を使ってみましょう。すっきりした香りのローズマリーは、牡羊座の象徴部位である頭部に作用し、先走りがちな火の人たちの情熱をバランスよい状態にしてくれます。元々ある「自己実現に向けて行動する力」を、より結果を出せる方向へと発揮できるはず。

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……ベルガモット
 スタートダッシュを決めたいときに、つい二の足を踏んでしまうのが、慎重派な地のエレメントの人たち。この季節は、ハッピーなパワーを持つ太陽のアロマ「ベルガモット」を使って、牡羊座パワーとなじんでみましょう。オレンジよりちょっぴり大人っぽい柑橘系の香りが、地の人たちの慎重さをゆるめて、前向きに進む楽観性を授けてくれます。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……シナモン
 普段はクールで知的な風のエレメントの人たち。でも牡羊座太陽期には、情熱や直感に従って動いてみるのもいいのではないでしょうか? 熱くてスピーディーな牡羊座パワーとなじみやすくなるよう、ホットなアロマ「シナモン」を使ってみましょう。スパイシーな香りが心身をあたため、心地よい熱意が生まれてくるはずですよ。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……ブラックペッパー
 水のエレメントの人たちにとっては、12星座の終わりに位置する「情緒的な魚座パワー」は、とてもなじみやすいものでした。そのため、春分からの「始まりの牡羊座」への切り替わりにとまどいがちになります。ホットな活力をあたえてくれる火星のオイル、「ブラックペッパー」を使ってみましょう。ピリリと刺激的な香りで身も心も起こしてあげて。

 春分の日は、新年度の目標やかなえたい夢を設定するのに適していると言われています。アロマの力を借りながら、素敵な夢を描きたいですね。牡羊座の始まりパワーは太陽が牡牛座に移動する4月20日まで続きます。新しく何かを始めてみることがオススメですよ!
(永沢蜜羽)