PKで今季初勝利に導く決勝弾を放ったウイルソン。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1リーグ・4節]甲府 1-0 大宮/3月18日(土)/中銀スタ

 甲府がエースのPK弾で今季初勝利を挙げた。

【甲府 1-0 大宮 PHOTO】ウイルソンが初勝利もたらすPK弾!

 試合は立ち上がりから一進一退の攻防となった。甲府は最前線でエースのウイルソンが存在感を見せ、アカデミー出身のプラチナ世代アタッカー、堀米勇輝も躍動。ふたりのキープ力を突破口にチャンスを作り出す。

 一方の大宮も縦に速い攻撃で江坂任が決定的なシュートを放つが、甲府は最終ラインの素早い寄せと球際でのタイトな守備でゴールを割らせない。

 甲府は、後半に入っても攻守が噛み合い、堀米のスルーパスからウイルソンの決定的なシュートシーンを作り出すなど、徐々にゴールの匂いを漂わせる。そして70分、甲府はCKの場面でウイルソンが大宮のドラガン・ムルジャに倒されてPKを獲得する。キッカーはウイルソン。
「前回(鹿島戦)外してしまって、緊張感があった」というエースだったが、鹿島戦と同じコースに、しかし強いグラウンダーのシュートを叩き込み、甲府に先制点をもたらした。

 先制点を奪った甲府は持ち前の堅守を見せ、大宮にゴールを与えず。1-0でタイムアップとなり、今季リーグ戦初勝利を飾った。

 今季から甲府の指揮官に就任した吉田達磨監督は、「選手たちがいい集中を保って戦ってくれた。次は(次節まで)少し空きますし、新しい選手も入ったので、トレーニングを積んでさらに良いサッカーを見せたい」と、今後への巻き返しを誓った。