FCAジャパンは、フィアット「500」に限定車「MareBlu(マーレブル)」を設定。3月25日(土)より、限定100台を全国のフィアット正規ディーラーにおいて発売すると発表した。希望小売価格は238万6800円( 税込)である。

 

 

広大な海の色を身に纏い

ベースになったのは、カタログには存在しない直列4気筒エンジンを搭載する「1.2ラウンジ」。車名の「マーレブル」はイタリア語で「青い海」を意味し、限定車専用カラーの「エピックブルー(ダークブルー)」にちなんだネーミングとなっている。

インテリアにもこだわり、内装にはイタリアのラグジュアリー家具ブランド「ポルトローナ・フラウ社」製のレザーを使用。カラーはブラウン/アイボリーで、リゾートホテルのソファーのような、快適な座り心地を提供するという。18スポークの15インチアロイホイールなど、特別装備の数々も見逃せない。

 

ポップなイメージのフィアット500だが、ボディの深いブルーとインテリアのブラウンの組み合わせは、どちらかといえばシックかつラグジュアリーな印象。フィアット500にまたひとつ、新たな魅力が加わったといえそうだ。

 

フィアット500マーレブル車両概要

排気量:1240cc

エンジン:直列4気筒 SOHC 8バルブ(可変バルブタイミング付き)

燃費(JC08モード):19.4km/L

最高出力:69ps(51 kW)/5500 rpm(EEC)

最大トルク:102 Nm (10.4kg-m)/3000 rpm(EEC)

トランスミッション:ATモード付き5速シーケンシャルMT

ハンドル位置:右