好きな人に送るLINEのきっかけは? 片思い成就のためのきっかけ作り

写真拡大

片思いをしている男性にLINEを送りたいとき、どのようなきっかけで送ればいいのか悩みますよね。不自然ではなく、かつ好印象を与えるようなきっかけ作りをしたいもの。今回は、片思い成就に効果的な「好きな人に送るLINEのきっかけ」と、LINEを送るときに注意するべきことをご紹介します。

<目次>
■「好きな人に送るLINEのきっかけ」は何がいい?
・片思いが成就しやすい「LINEのきっかけ」
■専門家に聞いた! 好きな人にLINEを送るとき「注意するべきこと」
・相手が答えやすい話題を振ろう!
・彼の興味のある分野は、きちんと理解してから話そう!
■まとめ

■「好きな人に送るLINEのきっかけ」は何がいい?

好きな人を振り向かせたいと思うなら、なるべく相手に好感を持ってもらえるようなLINEを送りたいもの。どのようなLINEのきっかけがいいのでしょうか?

<片思いが成就しやすい「LINEのきっかけ」>

今まで片思いが成就したことのある女性のみなさんに、「好きな人に送るLINEのきっかけ」について、教えてもらいました。

◇写真を送る

・「みんなで撮った写真を送るから、という理由で送る」(27歳/通信/事務系専門職)

・「みんなで写真を撮って、その写真を送る」(28歳/食品・飲料/その他)

みんなで撮った写真を送ることを口実にすると、LINEも送りやすいですよね。間違えても無意味な写真を送らないよう、気をつけたいところ。

◇相手が好きそうな話題を振る

・「相手の興味のありそうなネタについて質問する」(33歳/医療・福祉/その他)

・「その人が好きなネタを、メッセージの内容に入れる」(29歳/医療・福祉/専門職)

好きな人が興味を持ちそうなネタを仕入れておいて、それを話のきっかけにLINEをすることもできそうですよね。趣味や好きな食べ物など、いろいろありそうです。

◇仕事の疲れをねぎらう内容を送る

・「仕事お疲れさま、などのメッセージを送る」(28歳/自動車関連/その他)

・「仕事が大変なことを知っていたので、仕事の面で、お疲れさまとか送っていた」(25歳/自動車関連/販売職・サービス系)

「お仕事、お疲れさまです」というひと言は、男性にとってもうれしいでしょう。そこから仕事の話題が広がることもありそうですよね。

◇彼がくわしい分野について質問する

・「彼がくわしい分野について、質問や相談をする。頼られていると思ってもらえるから」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼がくわしいことを質問したり、話題を振る」(31歳/その他/営業職)

相手がくわしいことについて質問すると、喜んで回答をしてくれる男性も多いでしょう。教えたがりの男性にとっては、うれしい限りかもしれませんね。

◇オススメのお店を聞く

・「おいしいオススメのお店を聞いて、あわよくば一緒に行く約束を……」(33歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「おいしいと思うご飯のお店を聞く」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

男女問わず会話が盛り上がるのは、やはり食事のことではないでしょうか。おいしいお店を紹介してもらうことで、そこからデートにつながることも。

◇相談する

・「聞きたいことがあると言って相談する」(26歳/不動産/その他)

・「困ったことを相談する、次の休日に何をする予定かを聞く」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

自分の困っていることを相談してみるのは、いいきっかけかもしれません。親身になって相談に乗ってくれたら、進展も期待できそうですね。

◇食事に誘う

・「ご飯でも行こうよ、と誘って日にちを決めるやり取りをする。彼の興味があることを話題にする」(31歳/情報・IT/その他)

・「飲みに行こう、など直球で誘う。共通の友だちの話題の話をする」(32歳/医療・福祉/その他)

相手に自分の好意をアピールするためには、ストレートに食事などに誘ってみるのがいいかもしれませんね。日にちの候補を出してあげると、相手も返しやすいでしょう。

LINEで好きな人にいろいろな話を振ってみると、2人の距離がグッと縮まりそう。ただし、やみくもに送り続けていると、相手から迷惑に思われてしまうことも。では、LINEを送るとき、どんなことに注意するべきなのでしょうか?

■専門家に聞いた! 好きな人にLINEを送るとき「注意するべきこと」

男女の心理のちがいにくわしい、心理コーディネーターの織田隼人さんに、女性が好きな人にLINEを送るときに「注意するべきこと」を聞いてみました。

<相手が答えやすい話題を振ろう!>

好きな人にLINEを送るときには、相手の答えやすい話題を振ることが大事です。たとえば、お互いに花粉症だったら「何かいい花粉症の薬を教えてください」とか、お互いにペットを飼っているのであれば、ペットの写真とともに「うちのペットは、○○ちゃんといいます。あなたのペットはどんな子ですか?」と送るなど、簡単に答えられる内容にすると、返事が届きやすくなります。

逆に、答えにくい話題は「自分だけが知っていること」です。たとえば、自分は手芸が得意だからといって手芸の話題をLINEで送っても、ただのひとり語りになってしまいます。できる限り「共通の話題」で広がりを作っていきましょう。

<彼の興味のある分野は、きちんと理解してから話そう!>

好きな人が毎週見ているドラマやスポーツ番組を見た感想などを送ると、話が弾みやすいです。しかし注意するべきなのは、彼の好きなことをきちんと理解しておくこと。特にスポーツの分野で、彼の応援するチームのことをきちんと理解することが大切です。また、敵対するチームを応援するようなメッセージを送ると、微妙な雰囲気になりやすいので要注意です。

織田さんのアドバイスを参考にして、彼に好印象を持ってもらえるようなLINEを送ってみましょう。

■まとめ

LINEは好きな人へのアプローチに有効ですが、普段あまり接点がない相手だと、何を送ればいいのか迷ってしまうもの。そういうときは、彼の興味のあることを調べるなど、自分からLINEを送るきっかけを作ってみましょう。LINEを活用して、効果的にアプローチしてみてくださいね。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月9日
調査人数:200人(22〜34歳の女性)