神戸がMF大森晃太郎(29番)の2試合連続ゴールで首位をキープした

写真拡大

[3.18 J1第4節 神戸1-0磐田 ノエスタ]

 首位のヴィッセル神戸がホームでジュビロ磐田に1-0で勝利した。神戸はJ1唯一の開幕4連勝で首位をキープ。さらに昨季から続くホームの無敗記録を10に伸ばした。

 ミッドウイークにルヴァン杯がなかった神戸は、前節の仙台戦(2-0)から先発2人を変更。MF小川慶治朗に代わってMF松下佳貴が右サイドハーフ、FW田中順也に代わって移籍後初スタメンとなるFWウエスクレイが2トップの一角に入った。一方、ルヴァン杯・札幌戦(0-2)から中2日の磐田は、前節の大宮戦(2-1)からスタメン1人を入れ替え。DF藤田義明に代わってDF小川大貴が最終ラインに配置された。

 昨季からホームで9試合負けなし(7勝2分)の神戸。序盤から決定機を量産すると、前半18分には相手のカウンターを防いだDF橋本和のクリアボールが、前線に残っていたFW渡邉千真に渡る。渡邉はPA内に進入して左足を振り抜くも、シュートはGKカミンスキーが左足でストップ。こぼれ球を自ら拾った渡邉がPA内左から再び左足で狙うが、またしてもカミンスキーが左足に当てて防いでみせた。

 守勢の磐田は前半アディショナルタイム2分にPA手前右でFKのチャンス。ボールの前に立ったMF中村俊輔とMF太田吉彰が長い打ち合わせを経て、中村が左足でシュートを放つも、壁に当たってしまった。

 前半をスコアレスで折り返すと、神戸は後半1分に先制。右サイドのウエスクレイが中央につなぎ、攻め上がったMF藤田直之が右足で蹴り込んだシュート性のボールをPA内中央の渡邉が左横へ。受けたMF大森晃太郎が中央に切れ込みながらキックフェイントで相手DF2人を滑らせると、冷静に右足でシュート。カミンスキーの手を弾いたボールがゴール左隅に決まり、大森の2試合連続弾で神戸が先にリードを奪った。

 1点ビハインドの磐田は後半5分、MFアダイウトンの仕掛けからPA手前左でFKのチャンスを迎える。右キッカーの太田が蹴るふりをしてボールを通り過ぎ、中村が左足で狙うも、前半に続いて再び壁に阻まれた。同16分にはFW川又堅碁に代えてFW小川航基を投入。プロ2年目の小川航基はこれがJリーグデビューとなった。

 磐田は後半20分、左サイドのFKから中村が意外性のある低いクロスを送り、ワンバウンドしたボールにニアのDF大井健太郎が飛び込む。しかし、ダイビングヘッドはゴール左外のサイドネットを直撃した。

 ピンチをしのいだ神戸も反撃。後半21分、ロングパスに反応した渡邉がDF櫻内渚とうまく体を入れ替え、PA内中央に進入する。しかし、左足のシュートは戻った櫻内にスライディングでブロックされた。

 磐田は後半26分にこの日最大の決定機を迎える。途中出場のMF松浦拓弥がPA手前左から右足で打ったシュートは右ポストを直撃してGKキム・スンギュに当たるも、PA内右へこぼれたボールに詰めた太田が右足で豪快なフィニッシュ。クロスバーを叩いたシュートがゴールラインを割るが、惜しくも太田の位置がオフサイドの判定となった。

 神戸も後半34分に右CKのチャンスを得て、相手のクリアボールにPA後方中央の松下が反応。左足の強烈なダイレクトシュートがゴールを襲うも、カミンスキーがビッグセーブを見せ、追加点を許さなかった。

 ゴールこそ1点にとどまった神戸だが、開幕3試合でリーグ最少の1失点の守備陣がリードを守り切り、1-0でタイムアップ。J1唯一の4連勝を飾り、首位をがっちりキープした。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]J1第4節1日目 スコア速報