有吉佐織が右膝前十字靭帯損傷により全治約8か月と診断された

写真拡大

 日テレ・ベレーザは18日、DF有吉佐織が右膝前十字靭帯損傷により手術を受けたことを発表した。全治は約8か月の見込み。同選手は、アルガルベ杯に出場する日本女子代表(なでしこジャパン)に招集され、試合に向けた練習中に負傷。松葉杖をつく姿が確認されていた。


●なでしこリーグ2017特設ページ