世界遺産・二条城×ネイキッドが初コラボ!本物の桜を使った映像演出にうっとりしそう♡

写真拡大 (全7枚)

世界遺産・二条城で、プロジェクションマッピングを使ったライトアップが期間限定で開催されます☆

 大政奉還150周年を迎える二条城

京都を代表する桜の名所・二条城にて3月24日(金)から4月16日(日)まで開催される『二条城桜まつり2017-桜の宴-Directed by NAKED』

期間中、通常観覧が終了した18時から、ネイキッド代表・村松亮太郎氏が総合演出を担当するプロジェクションマッピングを使ったライトアップがスタートします。

 桜の精霊が誘うライトアップ♡

ライトアップは、能の演目に数多くあるという「京の桜」を舞台にした桜の精霊の物語をイメージした構成。

今年修復が完了したばかりの入城口・東大手門、南門付近、山桜や大島桜など約26種の桜が咲きほこる桜の園が、行燈や照明を使ってライトアップ!



さらに、「唐門」「香雲亭」「清流園」では、約1分から4分程度の映像や照明を使った演出が繰り返し投影され、ストーリーに沿ったライトアップ+プロジェクションマッピングで、京桜の精霊たちが二条城の桜の宴に来場者を招き入れてくれるといいます☆

美しすぎる京桜×映像演出♡

唐門(からもん)では、桜の精霊たちが唐門に描かれた鶴に変身!

さらに、桜が咲くまでをプロジェクションマッピングで表現☆



香雲亭(こううんてい)では、本物の桜へのライトアップに加え、香雲亭の障子を使ったプロジェクションマッピングで精霊の舞う様子を表現。

池の水面に反射する情景も美しすぎます♡



清流園(せいりゅうえん)は、ストーリーのクライマックス「桜の宴」を表現したエリア。

トンネル状の桜並木、照明演出、プロジェクションマッピングを組み合せた空間にうっとりしそう♡



※画像は映像投影イメージです。

 昼夜楽しめるお花見屋台も登場♪

さらに期間中は、桜を見ながら楽しめるお花見屋台やパフォーマーが登場するステージも登場。

京都らしい松花堂弁当のほか、おでんや焼き鳥、和スイーツなどを味わいながら、お城でのお花見を満喫出来ちゃいます♪



■『二条城桜まつり2017-桜の宴-Directed by NAKED』概要

開催期間:3月24日(金)〜4月16日(日)

通常観覧:8時45分〜16時(17時 閉城)

ライトアップ:18時〜21時(21時30分 閉城)

入城料:一般400円、小中高生200円 ※和装の方は入城無料

※ライトアップ時は観覧エリアが限定されます。

NAKED Inc.公式サイト

http://www.naked-inc.com

・プロジェクションマッピング(まとめ)