チャンスをきっちりものにした山村。献身的な守備でもチームを支えた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ4節]C大阪1-0鳥栖/3月18日/金鳥スタ
 
 3月18日に行なわれたJ1・4節で、ホームに鳥栖を迎えたC大阪が、今季リーグ戦初勝利を飾った。決勝点を挙げてヒーローになったのは、日本代表の清武弘嗣でも、エースの柿谷曜一朗でもなく、彼らふたりと同じ年齢の山村和也だ。
 
 0-0で迎えた70分、CKのセカンドボールを拾った清武が冷静に中央を見てクロスを供給。ファーサイドの木本恭生が折り返し、中央で待ち構えていた山村がヘッドで押し込んだ。
 
 これが決勝点になり、C大阪が1-0で勝利。殊勲の山村が、「今年のセレッソは球際や運動量で相手に負けないところも意識している。そういったとこも見せられたのが良かった」と語るとおり、粘り強い守備で1点を守り切り、勝点3を手にした。

【Jリーグ C大阪ー鳥栖 PHOTOハイライト】山村の決勝ゴールを守り切ったセレッソ大阪が今季リーグ戦初勝利!
 
 C大阪はルヴァンカップの横浜戦に続く、公式戦2連勝。今季就任したユン・ジョンファン新監督のもとでリスタートを切ったタレント軍団が、調子を上げてきたようだ。