ベガルタ仙台がJ1通算100勝を飾った

写真拡大

[3.18 J1第4節 柏0-1仙台 柏]

 J1リーグは18日、各地で第4節を行い、日立柏サッカー場では柏レイソルとベガルタ仙台が対戦した。後半アディショナルタイムにFW奥埜博亮が決めた劇的ミドルが決勝点となり、仙台が1-0で勝利。リーグ戦3勝目(1敗)を飾り、J1通算100勝を達成した。柏はホーム初勝利を飾れず、痛恨の3連敗を喫した。

 柏はJ1第3節川崎F(1-2)から先発3人を変更。前節で一発退場となったDF中山雄太は出場停止。DF小池龍太、DF鎌田次郎、FW中川寛斗が今季リーグ戦初先発となった。

 一方の仙台は第3節神戸戦(0-2)から入れ替えはなく、J1開幕節から4試合連続で同じ先発メンバーが名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 ホームの柏が序盤からチャンスをつくるが、引いて守備を固める仙台を攻めあぐねる時間が続いた。仙台はMFクリスティアーノやMF伊東純也がボールを持つと人数をかけて抑え込み、決定機をつくらせない。守備に重心を置きながら、前半17分、自陣でボールを奪取したDF石川直樹が左サイドを駆け上がると、MF梁勇基からパスをもらい、ファーサイドに浮き球のクロス。PA内まで猛然と走り込んだDF菅井直樹がヘディングシュートを放ったが、枠をとらえられなかった。

 攻勢を強める柏は前半18分、FWディエゴ・オリヴェイラがPA左で相手DFを引きつけながらマイナスに落とし、クリスティアーノが右足で強烈なシュートを放ったが、GK関憲太郎のファインセーブに阻まれる。前半20分にはDF大岩一貴のパスミスを拾ったクリスティアーノがカットインし、再び右足を振り抜いたが、シュートはクロスバーを越えた。その後も柏が押し込んだが、仙台の堅守に跳ね返され、スコアレスで前半を折り返した。

 攻勢に出る仙台は奥埜やFW石原直樹がシュートを連発し、押し返していく。すると、後半14分に柏ベンチが動き、MF小林祐介に代えてMF栗澤僚一を投入。両チームともに前線から激しいプレスをかけ、決定機をつくれず、試合は膠着状態が続く。仙台も同27分、梁勇基に代えてMF金久保順をピッチに送り込んだ。

 柏は後半30分、中川に代えて武富孝介をピッチへ。すると同31分、ゴール前で武富、ディエゴ・オリヴェイラ、クリスティアーノとつなぎ、最後はPA内右から伊東が右足シュート。至近距離からの決定的な場面だったが、シュートコースに入ったDF石川が体を投げ出してクリアし、先制点とはならなかった。仙台は後半34分、菅井に代えてDF蜂須賀孝治を投入。両チームともに交代のカードを切って局面の打開を図った。

 柏は後半37分、伊東に代えてFW大津祐樹を投入し、交代枠を使い切る。仙台も最後の交代のカードを切り、同42分、石原に代えてFWクリスランをピッチに送り込む。今季、ブラガ(ポルトガル1部)から期限付き移籍で加入した187cmのブラジル人助っ人FWがリーグ戦初出場を果たした。

 スコアレスのまま試合終了かと思われたが、終了間際に劇的な展開が待っていた。後半アディショナルタイム1分、こぼれ球を拾った奥埜がPA手前の位置から右足を一閃。試合を決める渾身のミドルシュートをゴールに叩き込んだ。第2節の磐田戦(1-0)以来、2試合ぶりとなる今季2得点目。奥埜の劇的ゴールが決勝点となり、仙台が1-0で勝利した。

(取材・文 佐藤亜希子)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第4節1日目 スコア速報