昨年末「恋ダンス」が社会現象となったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以降、逃げ恥)に出演し、超ポジティブキャラの役が話題となった、女優・内田理央が、昨日放送された、金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」に出演し、大谷亮平と「逃げ恥」以来の再共演を果たした。

内田理央は、2010年に「アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜」でデビュー。その後、「仮面ライダードライブ」や、「侠飯〜おとこめし〜」などの数々の作品でヒロイン役を好演し話題に。昨年公開された映画「血まみれスケバンチェーンソー」では映画初主演を果たすなど、近年期待の若手女優だ。

昨日放送された「北風と太陽の法廷」では、波瑠演じる、「無敗」の冷徹弁護士・櫻川風香(さくらがわ・ふうか)が勤務するゴールドウィング法律事務所で働く、パラリーガルを演じ、大谷亮平演じる、大企業の顧問弁護士・五十畑光一郎(いそはた・こういちろう)に熱烈なアプローチをかけようとする肉食系婚活女子を演じた。

内田は、前述の「逃げ恥」でも、大谷演じる風見涼太(かざみ・りょうた)に熱烈なアプローチをかける超ポジティブ女子を演じており、「逃げ恥」以来のポジティブ共演にネット上では、「逃げ恥コンビ再来!」「逃げ恥コンビじゃん!!」「内田理央ちゃんが大谷亮平さんに惚れてる!!!」「とりあえず内田理央ちゃんが出てきたら『ポジモン!』って叫んでるwww #北風と太陽の法廷 #逃げ恥 」「不意に訪れる逃げ恥ロス、、、 #北風と太陽の法廷 #逃げ恥 」「内田理央が大谷亮平を狙う!ポジティブモンスター再来だwww」と話題になった。