香港在住の構造家に聞く「海外で仕事を続けるメリット」

写真拡大

国内外の建築構造設計を担う香港在住の構造家・金田泰裕氏。新国立競技場コンペも経験した氏に、パリで独立するまでの歩み、海外在住のメリットなどクリエイティブな生活スタイルを聞いた。

日本、パリ、香港と場所を移しながら、構造設計者として活動しています。建築の構造設計とは、建築物を形成する方法、および全体的構成や骨組み、各部の下地や仕上げに至る細部構造を担当する仕事。協働設計のうえでは建築家とは対等の立場にあります。

大学は建築工学科です。学生のほぼ100%が建築家希望ですが、「将来的に個人事務所を持つ人は約3%」といわれる厳しい世界なので、自分なりのカラーやビジョンを持たなくてはいけません。自分は大学時代から構造設計に興味があって、その道のプロとなったうえで─「構造設計ができる建築家」としての独立を考えました。

卒業後には鈴木啓(あきら)さんのアトリエASAに入社。「せんだいメディアテーク」という日本近代建築史のなかでも記念碑的な作品を、独立前に担当されていた方で、面接の二言目に「働きますか?」と(笑)。

大きかったのが「5年後に辞めてください」といわれたこと。小さな構造設計事務所はいずれ独立するのが前提ですが、「5年」という期限を常に意識して働くというのは刺激的だった。そこで80ほどのプロジェクトを担当させてもらいました。

ただ、鈴木さんのもとでは最大規模で10階建てのビル、中規模の結婚式場だったので、スタジアムや美術館クラスを独立前に経験しておきたかった。学生時代から構造主義を代表する批評家ロラン・バルトに影響を受けていたこともあり、次のキャリアはフランスで構築することを決定。建築家・妹島(せじま)和世さんが西欧で組む構造設計事務所Bollinger+Grohmannのパリ支社に採用され、2012年4月に渡仏しました。

ここではパリの大学キャンパスや映画配給会社のファサード(建物の正面デザイン)、仏北部カレーの体育館、台湾台中の公園内の橋などを担当。また、パリ在住の建築家・田根剛(つよし)さんと新国立競技場コンペに挑戦し、最終11組まで残った経験もあります。

その後、14年に念願の独立。しかしフランスは日本のように新築がボンボン建てられるわけではない。増築やリノベーションはありますが、構造設計として関われるものがあまりなかったのです。一方、日本やアジアのプロジェクトが増えていったので、16年に香港に移住しました。

海外で仕事を続けるメリットは、さまざまなものを同時期に自分の目で確かめられること。インターネット上の捏造や歪められた情報ではないものを、いろいろな視点で見ることができます。違いを知る、価値を知ることが、クリエイティブには大切だと思う。それに日本を客観視するためには海外在住がいちばん手っ取り早い(笑)。

普段はとにかく考えることと、何も考えない状態を両方バランスよく行うように心がけています。あとは前提を疑う。一度考えたことがあり、結論を出したものでも、もう一度考えてみる。「自分や時代は常に変わる」ということを意識しています。

これからは情報や知識をひけらかすだけでは、勝負できない時代。「構造」は私にとって、構造計算をして建築が実現可能か検証する実務スキルだけでなく、物事を多面的に捉えるための手段なのです。

<金田泰裕のある1日>

7:00 起床
7:30 仕事開始 スカイブ&電話ミーティング(午前1回、午後2回)
13:00〜14:00 ランチ
19:00 仕事終了
19:30〜20:30食事
0:00 就寝


モレスキンの手帳
打ち合わせ内容、スケッチ、プロセスはこれ1冊で。移動が多く、複数の物件を同時にさばかなければいけないのでデジタル管理は必須ですが、自分の手で書くことも大事にしています。


伐採した木材
あるプロジェクトで、使用する構造材を伐採するところから関わりました。生きている木を伐採し、乾燥させて、自分が設計する建物を支える構造体になるわけで、木造で建築物をつくることの意味を再認識する機会に。


学生時代に影響を受けた書
ロラン・バルト著「表徴の帝国」は日本を客観視するための1冊。彼は渡仏を決めたきっかけのひとりです。中沢新一著「アースダイバー」は地図を見ずに東京を歩くためのユニークな書。

金田泰裕(かねだ・やすひろ)◎1984年、神奈川県生まれ。2007 年、芝浦工業大学建築工学科卒、構造設計事務所「ASA/ 鈴木啓」に入社。12年に渡仏し、Bollinger+Grohmann Parisに勤務。14年、同地での独立を経て、現在は香港在住。