決勝点を挙げたシモビッチ。頼りになるエースに当たりが出たのは好材料だろう。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[J2リーグ4節]名古屋2-1水戸/3月18日/パロ瑞穂
 
 1年でのJ1復帰を狙う名古屋が、開幕戦以来となる3試合ぶりの勝点3を手にした。オウンゴールと今季初先発のシモビッチの追加点で水戸に2-0。ホームのパロマ瑞穂スタジアムに訪れたサポーターに歓喜を届けた。
 
 先制点が生まれたのは25分、左サイドでボールを受けた内田がクロスを入れると、水戸DFがクリアを誤り、ゴールに吸い込まれてオウンゴールになった。
 
 この先制点で試合のペースを握った名古屋は、さらに33分、玉田圭司のロングパスを受けた永井龍が相手最終ラインの裏を取り、ダイレクトでクロスを供給。中央に走り込んだシモビッチが1トラップから冷静に流し込み、貴重な追加点を決めた。シモビッチはこれが今季初ゴールだった。
 
 後半は水戸が意地を見せて1点を返したが、それ以上はスコアが動かないまま試合終了。2-1でホームの名古屋が逃げ切った。
 
 名古屋はなんとか勝点3を取ったものの、押し込まれた後半の出来には課題を残した。ここから連勝を重ねていくためには、より安定した戦い方が求められそうだ。