“美人”からいつの間に“イタイ女”へ――。2015年6月、神奈川県相模原市の墓地で阿部由香利さん(25=当時)の遺体が発見された事件で死体遺棄罪に問われた秋山智咲被告(25)の控訴審初公判が17日、東京高裁(秋葉康弘裁判長)で開かれ、弁護側は「人の死体と認識していなかった」と改めて無罪を主張。被告人質問を請求したが、却下され結審した。

 昨年9月の東京地裁判決で懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)が言い渡されたが弁護側は有罪認定を不服として即日控訴していた。美人女子大生お嬢様が交際相手だった佐藤一麿被告(殺人罪で起訴)にそそのかされ死体遺棄を手伝ったと事件当時はセンセーショナルに報じられた。

 だが、裁判が始まってみると「佐藤から『(犬の死骸を)保管してくれないなら元カノの女優北川景子とヨリを戻して、景子に埋めてもらうからいい』と言われ、勝ち負けじゃないんですけど、北川景子に負けたくないと思った」などと荒唐無稽な主張を繰り返す被告にメディアもだんだんとあきれ顔。美人女子大生からイタイ女被告人へと報道姿勢を変えていった。

 極め付きはこの日、結審後に行われた会見だ。保釈されているとはいえ、この種の事件の刑事被告人が判決前に会見を開くのは異例。マスク姿で顔を映さないことを条件にカメラの前に立った秋山被告は「人の遺体と聞き、一番驚いたのは私です。(中略)刑事さんや検事さんからすれば私は小娘かもしれませんが、人ひとりの人生がかかっています」などと書面を読み上げた。

 傍聴ライターは「弁護士は『高裁では必ず逆転する』と息巻いていたが感触が鈍いため、二審の前にテレビの単独インタビューに応じさせたり、ダメ押しで結審後に会見を開いて世論に“かわいそうな智咲”を印象付けたかったのだろうが裁判官への心証は最悪でしょう」と分析。判決は5月12日に言い渡される。