松嶋尚美

写真拡大

 タレントの松嶋尚美(45)が、17日に公式ブログを更新。3歳の長女・空詩(らら)ちゃんが16日、アナフィラキシーショックに襲われたことを明かした。

 松嶋は「昨日の夕方、ララがアナフィラシキーショックになって…目がかゆい!って言うから見たら、蕁麻疹!あっと言う間にパンパンの顔…慌ててかかりつけのクリニックに行ったら、大きい病院に行っておいで!紹介状送るから先に向かって…って本当にびっくりしました」と経緯を報告。その後は「私がパニックになってはダメと肝に銘じて、、処置も早く入院したけど、今日退院できました。ホッ」と大事には至らなかったことに安堵した。

 翌朝、夫と長男・珠丸(じゅまる)君にテレビ電話すると空詩ちゃんは「ララの顔、おもしろいでしょ?」と大笑いしていたという。「ララの明るさに(夫の)TOCCOは救われたって。ほんと、ステキだ!ララちゃん!よく頑張ったね!」と突然の症状にも前向きに頑張った長女をほめた。

 アナフィラキシーショックとは発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応で危険な状態になることであり、主にアレルギーの原因となるものを食べたり吸い込んだりした時に発症する。血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命を脅かす状態になることもあり一刻も早く医療機関での治療が必要とされる。