アウェイ徳島が渡のゴールを守り切り大分を下す《J2》

写真拡大

▽明治安田生命J2リーグ第4節の大分トリニータvs徳島ヴォルティスが17日に大分銀行ドームで行われ、徳島が0-1で勝利した。

▽J2に復帰したホームの大分はここまで2勝1敗で6位に位置。[3-4-3]に選手を配置し、安定した守備をこの試合も見せられるかに注目だ。一方の徳島もここまで2勝1敗の勝ち点6。ガンバ大阪ユースから今季新加入のMF小西雄大がプロデビュー。MF前川大河、MF杉本太郎と若手を中盤に並べた。

▽試合は5分、ボックス手前から小西が左足でシュート。しかし、シュートは惜しくも右に外れる。10分には福森からのクロスに後藤が飛び込むとGKと接触。しかし、これはノーファウルの判定となる。

▽徳島は28分、渡がボックス内で巧みにボールコントロール。最後は浮き球を左足でシュートを放つも、大きく枠を外す。それでも30分、徳島はボックス内で細かくパスを繋ぎ波状攻撃。杉本のシュートのこぼれ球を前川が詰め、最後は渡が蹴り込み徳島が先制する。

▽先制を許した大分は35分、ボックス内を仕掛けた三平のパスを受けた伊佐が左足で狙うも、わずかに右へと外れる。直後には徳島がビッグチャンス。裏に抜け出した島屋がボックス内からシュートも、わずかに枠の左に外れる。

▽後半に入っても互いに攻め合う展開が続く。62分には三平のスルーパスに抜け出した松本がシュートも、枠を大きく外す。71分にはCKから鈴木惇がクロスを入れるも、ニアサイドに飛び込んだ味方には合わない。

▽その後も大分が裏を狙って徳島ゴールに襲いかかるものの、フィニッシュの精度を欠き、決定機を作るには至らない。後半アディショナルタイムにはCKから上がってきたGK上福元がヘッドで合わせるも、力なくGKがキャッチ。そのまま試合は終了し、0-1で徳島が勝利を収めた。