黒船来航が岐路となった Glasshouse Images/AFLO

写真拡大

 明治維新を彩る主役の一人・勝海舟は咸臨丸でアメリカに渡り、帰国後は軍艦奉行となり神戸海軍操練所を設立、日本海軍の生みの親とも称される。広い視野を持ち海外の知見をいち早く取り入れ、明治政府でも要職に就いたとされるが、作家・夏池優一氏は勝の意外な姿を指摘する。

 * * *
 オランダ語を習得し、アメリカに行くなど、「先見の明」で日本の近代化に貢献した勝海舟。「先進的な日本人」というイメージが強いだろう。その海舟の出世のきっかけは代表作『海防意見書』の提出にある。

 1853年の黒船来航に際し、開国や貿易で富を得て軍備を増強することを提案したこの意見書が、数ある建白書の中でひときわ目を引いたことで海舟は幕府に登用された。7年後に咸臨丸でアメリカに渡るきっかけを作り“進歩人”のイメージを決定づけたこの意見書だが、その内容はある書物を“コピペ”したとの疑惑がある。

 それは海舟を支援した豪商・竹川竹斎が著した『護国論』である。そこには「貿易で国を富ませて国防に充てる」という発想が記されており、まさに海舟の主張と同じ。しかも『護国論』は黒船来航の2年前に書き上げられ、海舟にも献呈していることが判っている。さらには竹川のほか、恩師である佐久間象山の考えをまとめたとの指摘まである。決して先見性による海舟ひとりの手柄でなく、今で言う「コピー&ペースト」「リライト」によって成された可能性が高いのだ。

 しかも、このような不正確に伝わる功績は、他者ではなく海舟自身によって喧伝されていた疑いが強い。

 海舟は自分の功績を後年、『外交余勢』『開国起源』など多くの書に記した。しかし後世に書き残された海舟の書物は他書との相違点が多く、今では事実関係を鵜呑みにできない問題作扱いとなっている。76歳と長寿だった海舟が幕末を述懐する際、当時のキーマンやライバルはすでに他界しており、海舟は言いたい放題の立場でもあったことも影響しているだろう。

 1860年に咸臨丸で渡米したとき、海舟は『氷川清話』でこう書いている。〈おれが咸臨丸に乗って、外国人の手を少しも借りないで、アメリカへ行ったのは、日本の軍艦が、外国へ渡航した初めだ〉〈サンフランシスコ港へ着くと、『日本人が独りで軍艦に乗ってきたのは、これが初めてだ』といって、アメリカの貴紳たちもたいそう誉めて(後略)〉くれた、と勇ましい記述がある。

 別著『航米日誌』で自身も認めているが、実際は咸臨丸にはアメリカ人士官と部下が乗船し、海舟は船酔いで37日間の航海のほとんどを床に伏していた。同乗したジョン・ブルック大尉も日誌で「日本人は全員船酔だ」とし、操船はアメリカ人船員によって行われた。海舟が述べたように、日本人だけで航海を成し遂げた事実はない。

 どうも海舟の功績と人物像は、自身による大言壮語の武勇伝で作られたところも大きいかと思われる。“ハッタリ”でも言う時は言う性格が海舟の国際感覚を養ったのかもしれない。

【PROFILE】夏池優一/1975年、京都府生まれ。編集プロダクション、出版社を経てフリーに。主に歴史人物や現代のリーダーたちについて研究している。著書に『開国から終戦まで 日本近代史の大誤解』『幕末志士の大誤解』(ともに彩図社)など多数。

※SAPIO2017年4月号