写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の神木隆之介が18日、都内で行われた主演映画『3月のライオン』(前編2017年3月18日、後編4月22日公開)の前編初日舞台挨拶に、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督とともに登場した。

同作は、羽海野による同名コミックを実写化。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公とし、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく様を描く。

撮影を通して誰が愛おしかったかを聞かれた神木は「僕は染谷将太が愛らしいと思います! 愛おしいです!」と即答。特殊メイクで零の親友・二海堂晴信役に挑んだ染谷について、神木は「いつも僕が結構、『染ちゃん染ちゃん』って言っていく方なんですけど、映画は逆で」と嬉しそうにすると、染谷は「台本に書いてあるもんね!」とつっこんだ。染谷は「照れますね」と苦笑しながら、「すごい聞くんですよ。友達からこないだ『神木くんが朝の番組で共演したいって言ってたよ』とか」と明かし、「ちょっとニヤッとしてる俺っていう」と、情報を受け取った時の嬉しさを語った。

さらに染谷も、同質問に「もちろん神木くんですよ」と返し、「現場に着くといつも笑顔で迎えてくれて、リラックスするんですよね。心落ち着くし」と様子を振り返った。神木が「良かったよ、相思相愛で」と喜ぶと、2人の間に挟まれていた有村がマイクを通さずに「変わる?」と気を使い、神木は「いいよいいよ、場所変わらなくて」と苦笑していた。

また倉科は、神木が撮影中にこたつや二段ベッドの下で寝ているエピソードを語り「ぽかぽかオーラをすごい出してらっしゃって、かわいらしかったですよ」と笑顔に。佐々木は、神木が加瀬亮のハンドクリームに反応し、「いい匂い」「写メ撮っていいですか」と話しながら2人でクリームを塗る様子を「居心地が悪かったんですけど、愛らしかった」と感想を語った。

この日は零&川本家チーム(神木、倉科、清原、前田、新津、板谷)と、プロ棋士&幸田家&監督チーム(有村、染谷、豊川、佐々木、中村、大友監督)にわかれて、舞台挨拶での玉入れ対決を実施。白熱した戦いの末、零&川本家チームが勝利をおさめた。