米Appleが、iPhoneの延長保証サービス「AppleCare+」の購入可能期間を拡大します。日本では、現時点で条件が異なっており、同じ変更が適用されるかは不明です。

iPhoneの購入から1年まで対象に

AppleCare+は、標準で付随する1年間の保証と90日間の電話サポートを、2年間に延長するサービスです。
 
購入可能期間は、アメリカでは従来、iPhoneと同時またはiPhone購入から60日以内に限定されていましたが、これが1年以内に拡大されることを、事情に詳しい複数の関係者およびAppleの役員から確認したとMacRumorsが報じています。
 
AppleのWebサイトでは現在、購入可能期間は60日のままで変更されていませんが、iPhoneのシリアル番号で購入可能期間を確認すると、昨年9月に購入したiPhone7 Plusが対象に含まれていることが確認されています。
 
AppleCare

日本では現在、iPhone購入から30日までが対象

日本では、AppleCare+の購入可能期間はiPhoneの購入と同時または30日間以内とされており、アメリカやイギリスなどとは条件が異なります。
 
AppleCare+
 
昨年9月、AppleCare+購入者がiPhoneの画面損傷時の修理時の自己負担代金が11,800円から3,400円へと大幅に引き下げられています。

 
 
Source:MacRumors, Apple(日本)
(hato)