丁々発止のやり取りで大盛り上がり

写真拡大

 「ミニオンズ」のユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントが組んだ長編アニメ「SING シング」が3月18日、全国360館で封切られた。日本語吹き替え版の声優を務めた内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守、大地真央、日本語版の音楽プロデュースを担当した蔦谷好位置が、東京・TOHOシネマズスカラ座での舞台挨拶に出席した。

 映画は、経営難で閉鎖寸前の劇場支配人のコアラが、再起をかけて、世界最高の歌のオーディションを開催。極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなヤマアラシなど個性的なメンバーが、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。

 トークコーナーでは、長澤が斎藤に「なんでそんなに格好つけてるんですか? ここに出てくる前から格好つけてる(笑)」と指摘。斎藤は、「さっきからずっと『格好つけてる』って言ってきてて」とまんざらでもない表情を浮かべ、「それは格好良く見えてるんでしょ? だから言ってるんでしょ。そう言えばいいじゃん。すみません、うちのまさみが」とドヤ顔を決めていた。さらに既に決定している続編の話題になり、長澤が「また歌うのかと思うと不安」と吐露すると、「大丈夫だよ。大丈夫だよ」と耳元でささやくなど、すっかり“俺の女”扱い。長澤が「怖い……」とおびえると、「モラルはあるので大丈夫です!」と慌ててフォローしていた。

 長澤には“失恋”した斎藤だったが、宮野とは“両思い”。斎藤が、「マモはツッコんでくれる。(相方の)たかしがツッコんでくれないので、やりやすい。ジャパンプレミアの時、LINEを聞きに行ったんですけど、もう帰っていて。そんなもんかなって思った。ちょっと切なかった」と宮野への思いを告白すると、宮野も「でもそんなところが、ドジっ子つうちゃんと言われる由縁なのかな。これからは『マモンディエンジェル』でやっていきたい」とノリノリだった。「『SING 2』までにはラインを交換したい。仲良くなって『M-1』獲りたいと思います!」(宮野)と新コンビ結成に燃えていた。

 一方、「キャラクターが格好良いシーン」を問われた坂本は、「全編を通して……コアラのお名前なんでしたっけ?」と内村が声を務めた主人公バスターの名前を失念。宮野は「バスターです! 主人公です!」とツッコミを入れ、内村が「コアラのマーチでいいです」と苦笑いを浮かべると、「すみません!」と赤面していた。内村は、「『SING 2』までには私の役名がバスター・ムーンだと知ってもらいたい」と笑いに変えて、場内を盛り上げた。