PC用テレビチューナーなどを手がけるピクセラがMVNOに参入

写真拡大

パソコンおよびスマートフォン用の周辺機器などを扱うピクセラ(大阪市)は、MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「ピクセラモバイル」の提供を2017年3月22日に始める。NTTドコモが提供する全国のLTEサービスエリアと3Gサービスエリアに対応し、広い受信エリアで下り最大262Mbps、上り最大50Mbpsの高速データ通信を利用できる。

端末同時申し込みで「業界最安値」1480円

データ通信専用SIMカード「ピクセラモバイル 高速定額SIM」を月額固定1980円(以下全て税別)、容量無制限で使用可能。SIMカードは様々な端末で利用できるmicroSIM、nanoSIMを用意する。

また、同社製のLTE対応USBドングル「PIX-MT100」(別売)との「ピクセラモバイル 高速定額SIM LTE端末セット同時申込」では、業界最安値だという月額1480円で利用できる。

申し込みは直販サイト「NextMall」で受付を行う。なお、初期費用3394円が必要。6か月の最低契約期間を設けている。