こんなの読むんだ…男子が思う「彼女の本棚にあったら引く本」

写真拡大



付き合って間もない男の子を自分の家に呼ぶ時って緊張しますよね。水回りの掃除を念入りにしたり、部屋着をかわいくしたりと、気合も入ることでしょう。でも、人の趣味がわかりやすい本棚まで掃除しているでしょうか?「こんな本読んでいるんだ…!」と彼にドン引きされないためにも、こんな書籍は見えないところにしまっておきましょう。

■◆ 小悪魔系の恋愛テクニック本

「『銀座No. 1ホステスが語る小悪魔テクニック』みたいな、ずるそうな恋愛テクニックの本が置いてあるとちょっと悲しいです。『俺もこのテクニックを使われたのかな』と考えてしまうので、せめて隠しておいてほしいです」(23歳/学生)

「『読むだけでモテる!』とか『1週間で女子力があがる!』みたいな安易なモテ本を彼女が読んでいたらいやかもしれません。ネットで記事を見るならいいんですけど、数冊も本を買い込んで読んでいるのは必死感が出ています」(28歳/営業)

恋愛のテクニック本を読むこと自体は問題ないのですが、彼の目につくところにそれを置いておくのは止めましょう。「このテクニックをいろんな男子に使っているのかな?」と生々しい想像をしてしまい、彼のテンションもさがってしまいます。

■◆ イケメンアイドル雑誌

「いいなと思っている子に好きな男性アイドルがいることは知っていたのですが、初めて家に行った時にびっくり。本棚の1コーナーが全部その男性アイドルの写真やインタビュー記事ののった雑誌でうめつくされていました。好きな子がイケメン好きというのはハードルが高いです」(26歳/研究)

「イケメンたちが上半身裸で写っている写真が集まった雑誌をたくさん持っている子がいました。家に行くまで、イケメン好きということもイケメンの筋肉が好きということも知らなかったのでちょっとショックでした。10冊くらいあった気がします」(25歳/法律)

女子からすれば「イケメンが好きでなにが悪いの?」という感じですが、イケメンやアイドルの本をストックしているほど男好きということが伝わってしまえば、彼もちょっとショックを受けるかもしれません。「俺じゃこんな男たちには勝てない…」と、自分には超えられないハードルにしょんぼりしてしまうことでしょう。

■◆ 極端な自己啓発本

「天然系だと思っていた彼女の家に遊びに行った時に『1日○分の読書で金持ちになる』とか『話し方で人生が変わる』的な極端な自己啓発本がたくさん置いてあってびっくりしたことがあります」(23歳/営業)

自己啓発本を読んで自分の意識や行動を変えて行くことはとても前向きで素晴らしいことです。でも「○分でできる!」「読むだけで人生が変わる!」など安易なフレーズの自己啓発本ばかり本棚に並んでいては、彼もびっくりしてしまいます。ちょっと意識の高いタイトルの本は、目のつかないところにおいておくことをおすすめします。

■◆ 本棚に漫画しかない

「さすがにお互いいい歳なので、本棚に漫画以外の本も入れておいてほしいです」(30歳/営業)

無理やり本を読むこともないとは思いますが、あまりにも漫画ばかり本棚に並んでいると、なんだか偏った印象を与えてしまいます。仕事の幅を広げたり知識を広げたりできる本もあわせて置いておくと、趣味のバランスが取れている感じがして彼からの好感度もあがるはずですよ。

■おわりに

本ってその人の頭の中をありありと表してしまうもの。そして、人には知られたら損な部分が誰にでもあるのです。それを受け止めてくれる彼ならいいですが、家に来るタイミングでいったん本棚を眺めて、これらの書籍があるなら隠すなどしておくと安心でしょう。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)