「デッドプール」の一場面 (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

写真拡大

 米エンタテインメント界で優れた宣伝キャンペーンを展開したパブリシスト(広報)に贈られるICGパブリシスト賞授賞式が行われ、「デッドプール」の宣伝チームが受賞したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

 映画部門では、制作費5800万ドルとアメコミ映画としては低予算ながら、1億3200万ドルというオープニング成績を達成した「デッドプール」の宣伝を手掛けた米20世紀フォックスが受賞。テレビ部門では、新ドラマながら高視聴率を記録している「This Is Us」の宣伝を手掛けた米NBCが受賞している。

 功労賞にあたるプレジデント賞は、PR会社BWR Public Relationsの共同設立者で、2014年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)であると診断されたナンシー・ライダーに授与され、かつてのクライアントであるレニー・ゼルウィガーが代わりにトロフィーを受け取った。国際撮影監督組合(International Cinematographer’s Guild)が主催するICGパブリシスト賞授賞式は、今年で54回を数える。