通常の観光だとバス移動が多い平壌を自分の足で疾走できる平壌マラソン

写真拡大

 2月13日の金正男氏殺害を国家ぐるみで首謀したという疑惑の目が国際的に強まる北朝鮮だが、観光や大型イベントでは通常通り実施されるなど「私たちは正しい」と正当性を誇示するように平常を装っている。

 その一つが、目前に迫っている大型イベント、平壌国際マラソン大会である。今年30回目を迎える北朝鮮を代表するスポーツイベントで、昨年、多くの北朝鮮研究者たちの予想を裏切る日本人22人を含む1000人の外国人ランナーが参加した大会だ。

 今年は昨年よりもさらに北朝鮮を取り巻く状況は悪く、こんなタイミングで誰が訪朝するのかと思う人が大半だろうが、平壌マラソンの手配代理店へ確認すると現時点で日本人参加予定者のキャンセルは出ていないそうだ。

 現実的には事件の影響がどれだけあるのかは、実際に大会が開かれてみないと分からないものの、特に今年の大会は昨年段階から北朝鮮側は強気なアピールをしていた。

 昨年末の時点で、中国北京発のフライトが欧米人数百人の予約で埋まってしまい臨時便も含めて空席がないため今後は瀋陽からの空路か丹東からの国際列車で手配するように代理店へ通達があった。

 年が明けた1月上旬に2017年大会の正式な旅費などが朝鮮国際旅行社を通じて各代理店へ伝えられた。マラソン大会へのエントリー費用は昨年と同じだが、滞在費は大会期間特別料金として値上げとなるなど強気な設定だった。さらに、宿泊ホテルも通常、外国人が宿泊する「高麗ホテル」と「羊角島ホテル」という特級ホテルだけでは足らず、「西山ホテル」と「青年ホテル」という1級ホテル(特級>1級)を初めて登場させて4か所となり、1月中旬の時点で、昨年の外国人ランナー1000人を超えるランナーが集まる見込みだと伝えられていた。

⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=133765

 マラソン大会自体にも今年は多少の変更が見られる。たとえば、多くのランナーが変更して欲しいとの声があったフルマラソンの制限時間4時間が4時間半と30分延長された。また、後半は飽きてしまうと言われていた10kmのコースを4周するコースも20kmを2周するコースへ変更。改修工事のため昨年は変更された競技場も一昨年までの景色がいいと好評の「凱旋門」に隣接する「金日成競技場」へ戻されるなど北朝鮮側が参加者の不満の声を吸い上げ改善しようとする動きも感じさせる。

◆年間イベントカレンダーをいち早く発表

 北朝鮮は、一般的な観光だけではなく、スポーツなどの大型イベントは観光とは違った目的の人を集められ外貨が稼げると学んだのか、昨年12月下旬には早くも2017年の年間イベント表を各代理店へ配布している。これは過去にない異例の対応だ。

 配布されたイベント表を見てみると、定例の大型イベントの開催日時がすでに明記されている。白頭山ツアー(7月29日、30日)、元山航空ショー(9月23日〜25日)、氷祭り(12月31日)など、昨年8月に初開催された大同江ビール祭りは不評だったのか今年は開催されないようだ。

 他のスポーツイベントとしては、ボウリング大会がプロ・アマ合わせて6回、卓球大会が2回、アイススケート大会が1回、過去に参加できたかは不明だが、第15回全国釣り愛好家競技などもあり、いずれも外国人も参加できるとしている。

 さらに9月9日の建国記念日などの国家的な祝日には、広場で踊るダンスパーティがありこれにも外国人が参加できるとなっている。他にも料理体験会、民族衣装の展示会での試着体験と撮影会など今までの北朝鮮にはなかった同国らしからぬイベントも多数あるようだ。

 北朝鮮のこの10年ほどの興味深い傾向として、核実験やミサイル発射実験などで国際的に孤立を深めていると言われるときほど、観光面の開放が進む点だ。周囲が騒げば騒ぐほど、自分たちの正当性をアピールするためにより外国人観光客を大切にし、今まで見せなかった場所や持ち込み禁止だったものを許可するなどして観光面での緩和を繰り返してきたからだ。

「外からの外圧がかかればかかるほど内部的には外に敵ができるため求心力を高める絶好の機会となります。朝鮮儒教からの伝統で『受難と抵抗』という考え方があるのですが、北朝鮮の立場で言えば、私たちたちはアメリカを始めとする帝国主義勢力からの国家を消滅させようとする度重なる攻撃に一致団結して耐え抜いているとなります」(朝鮮半島研究家)

 北朝鮮に対する経済制裁があまり効果がないように思われるのは、このように巧みに内政に利用しているからだ。今年は、国際的に強まる圧力をよそに観光面では大きな変化が起こる年になるかもしれない。

<取材・文・写真/中野鷹>