食べても太らない!? フィットネス界のトレンド「ジム飯」が今アツイ

写真拡大

 極端な糖質制限の食事指導で大ブームとなったジムがありますが、糖質制限をやめた途端、リバウンドしてしまった人も多いと聞きます。

 最近のフィットネス業界では、こういったリバウンドを防ぎジム通いを継続するために、バランスのとれた食事「ジム飯」を提供して、運動と食事の両面からサポートをするのがトレンドです。

 そこで今回は、今アツイ「ジム飯」のなかから、美容ライターである筆者が3つ厳選しました!

◆1. Total Workout(トータル・ワークアウト)

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BQKPhavFAs-/
 トレーニングジムの老舗「Total Workout」がプロデュースするデリ&カフェでは、低カロリー、高タンパク質、低脂肪、低糖質にこだわっています。ボリュームと味に妥協しないパスタやカレーからサラダまで、ヘルシーなダイエットメニューが豊富。

 太りやすいと思われがちなパスタも、全粒粉や大豆ミートを混ぜることによって、低GI値の高タンパク食に変身。毎日の健康が気になる方はもちろん、本気で体を変えたいという人にもぴったりです。

◆2. GAJARA(ガジャーラ)

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BQ4Psmkg5Pq/
 ダイエット料理研究家による手料理を味わうことのできる「GAJARA」はレストラン併設ジム。筋肉増強、脂肪燃焼、疲労回復など、目的に合わせたメニューを得意としています。

 糖分や油分をオールカットするよりも、白米を玄米に代え、こんにゃくを加えてご飯をかさ増しするなど、美味しさを保ちながら満腹感をアップ。運動から食事までパーソナルなサービスが受けられるのが魅力です。

◆3. BROS TOKYO(ブロストーキョー)

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BPXEhEqAtE8/
 プレートの上でポージングするだけでストレッチ、トレーニング、リラックスの3つの機能が同時に叶う最新マシーン「パワープレート」を設置した「BROS TOKYO」は、カルビーの「フルグラ 糖質オフ25%」に特製カレーをかけた「カレグラ」が数々のメディアに取り上げられています。ほかにもチョップドサラダやスムージーなど、ヘルシーなメニューがたくさんありますが、実はスイーツもオススメ。

 チーズケーキの土台として使うクッキー部分をグラノーラに置き代えたり、砂糖を蜂蜜に代えたりなど、脂肪分や糖質をぐっと低く抑えています。カフェでお茶をしがてら、シェフやジムのトレーナーに健康について質問をすることもできます。

 運動しながら正しい食習慣を「ジム飯」に学んでみませんか?

<TEXT/此花さくや>
【此花さくや プロフィール】
映画美容ライター/MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザー。「シャネル」「資生堂アメリカ」のマーケティング部勤務を経てライターに。映画のファッションやコスメ情報、メイクのHow Toを発信中。
ブログ:http://sakuyakonohana-writer.hatenablog.com/
Instagram:@sakuya_writer