写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●レンズ前1.4cmの距離まで大接近
花や昆虫、アクセサリーなど小さなものの接写に欠かせないマクロレンズ。近ごろは等倍を超える、撮影倍率が非常に高い製品も増えてきた。今回使ったのは、強力なマクロレンズのひとつ、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」。クラス最高の撮影倍率2.5倍でどんな写真が撮れるのか、実写レビューをお伝えしよう。

○撮影倍率は35mm判換算で2.5倍

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」は、マイクロフォーサーズシステムに準拠した標準マクロレンズだ。35mm判換算の焦点距離は60mm相当。「M.ZUIKO」シリーズのマクロとしては、このほかに中望遠の「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」(2012年発売) があるが、それに比べると焦点距離が短く、取り回しの自由度がより高い。

最大は注目ポイントは、撮影倍率が等倍を超える1.25倍に対応し、35mm判換算では2.5倍にもなること。そもそもマイクロフォーサーズシステムは接写に有利な規格といえるが、中でも本レンズは圧倒的な撮影倍率を誇っている。

2.5倍という撮影倍率がどれくらいの性能なのか、硬貨を写してみたのが以下3枚の写真だ。ほぼ最近接で撮影しており、撮影距離は95mm、ワーキングディスタンスは14mm。およそ13.9×10.4mmの範囲が写る。

見慣れた五円玉や十円玉も、ここまで拡大して見ることはあまりないだろう。PCのディスプレイで等倍表示にすれば (作例はクリックして拡大後、さらに原寸データを表示可能)、顕微鏡を覗いているような感覚が味わえる。小さなキズや汚れまで生々しく再現されて少々不気味かもしれないが、迫力ある写真となった。

ほかにも、身の回りのさまざまなものを超接写すると面白い。次の2枚は何を撮ったものか、わかるだろうか。

答えは電子機器の基板を大写しにしたもの。斜めのアングルを選んで前後にボケを作り出している。絞り開放値付近では、形がきれいな玉ボケが現れることもこのレンズの特徴だ。

●動体撮影もこなせるAF動作
○小型軽量でスピーディ

本レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」の重量は128gと非常に軽い。最大径は57mmで、全長は60mm、フィルターサイズは46mm。外装は主に樹脂製だが、特に安っぽい印象はなく、しっかりとした造りだ。「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」とは異なり、防塵防滴に非対応なのは惜しい。

鏡胴部には幅の広いフォーカスリングを装備。リングの回転には適度なトルクがあり、その操作感が滑らかで心地いい。フォーカシングによるレンズ全長の変化がない点も扱いやすい。

AFはほぼ無音でスピーディに作動する。一般的にマクロ撮影ではAFが合いにくかったり、AFスピードが低下しがちだが、本レンズと「OM-D E-M1 Mark II」の組み合わせは、ミラーレスによるマクロ撮影のAFとしては比較的優秀な速度といっていい。水槽内を泳ぎまわる金魚に対しても、問題なくAF追従できた。

M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroのレンズ構成は、DSAレンズやEDAレンズを含む6群7枚。写りは、絞り開放値からの良好なシャープネスと高コントラストを確認できた。色収差や歪曲も気にならないレベルに補正されている。これからの季節なら、桜など花の接写用に活躍するだろう。もちろん風景やポートレートなどマクロ以外の用途にも役立つ。

●「OM-D E-M1 Mark II」の深度合成モードに対応
○マクロ撮影でも手前から奥までピント

付加機能の面では、カメラ側の機能である「深度合成モード」と「フォーカスブラケット」に対応している点に注目したい。

深度合成モードとは、自動的にピント位置を少しずつずらしながら8枚の写真を撮影し、それをカメラ内合成することで、手前から奥までにピントが合った1枚の写真として仕上げるモードだ。オリンパスの「OM-D E-M1」と「OM-D E-M1 Mark II」の2台が備える機能であり、対応レンズは今のところ7製品。その1つが本レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」である。

マクロ撮影は、通常の撮影に比べると被写界深度が極端に浅く、たとえ絞りを絞り込んでも、被写体の前後がぼけて写る。狙いとしてのボケなら問題はないが、被写体をくっきりと再現したいときには不向き。そんなマクロ撮影の悩みを解消するのが深度合成モードである。

下の写真は、車のオモチャを並べて撮ったもの。車1台の全長は約7cm。ピントを合わせた手前の車からレンズまでの距離は約20cmだ。絞りをF11まで絞ったが、それでも後ろの車はぼけている。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」の絞りはF22まであるので、さらに絞り込むことは可能だ。しかし、F22でも後ろの車は被写界深度内には入らないし、回折の影響が強くなってシャープ感は低下してしまう。こんなときこそ深度合成モードが役立つ。下は、絞りなどの設定は変えずに、深度合成モードで撮影した写真だ。

車3台ともくっきりと写すことができた。深度合成モードはこうした静物撮影のほか、植物や昆虫の細部までをシャープに表現したいときに役立つ機能だ。ただし、画角がやや狭くなる点には注意したい。

また、被写体の大きさや撮影距離によっては、8枚の合成だけでは十分な深度が得られないこともある。そんなときは深度合成はオフにして、フォーカスブラケットで撮るといい。フォーカスブラケットは、自動的にピント位置をずらしながら最大999枚まで撮影できる機能。そして、Adobe Photoshopなどの画像編集ソフトを使うことで深度合成が行える。

下の写真は、より接近したため、8枚の深度合成モードでは満足いくピントが得られなかった。そこで、フォーカスブラケットを使って30枚撮影し、それをPhotoshopで合成してみた。

最後は、直径約1cmのハンコを最短距離付近で撮ったもの。フォーカスブラケットで撮影した50枚をPhotoshopで合成したところ、全面をくっきりと再現できた。

以上のように、水滴から生き物、静物まで幅広くマクロ撮影を楽しむことができた。「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」は、比較的低価格ながら、撮影領域の広いマクロレンズといっていい。標準ズームだけでは飽き足らなくなってきた人にもおすすめできる。

(永山昌克)