「アタカム祭 vol.1」に出演したsecondrate

 5人組バンドのsecondrate(セカンドレート)が、先月23日に東京・下北沢ReGでおこなわれたライブイベント『アタカム祭 vol.1』に出演した。ロックバンドのAttack Come Backerが主催したイベントで、全5バンドが出演。secondrateは昨年8月にリリースした1stミニアルバムの楽曲を中心に、「君と僕が出会った時、初めて僕は未来の君になる」など全4曲を披露、セカレサウンドで会場を盛り上げた。

情景を映し出す楽曲とステージ

Seike(Vo.Pf)

 『アタカム祭 vol.1』の3組目に登場したのは、5人組バンドのsecondrate。スクリーンが上がり、ステージには既にメンバーがスタンバイ。Tomoki(Dr)による4つ打ちのリズムに乗りKingkingPangpang(読み:きんきんぱんぱん DJ,ButtonPusher)によるMCでオーディエンスを煽っていく。ステージ中央で仕切るKingkingPangpangから重大発表が。イニシアチブを取っていた彼だが「僕はボーカルではございません!」と力強く宣言し、挨拶代わりとも言えるオープニングを締めた。

 ライブは“別れ”の曲「回想電車」で幕を開けた。1コーラス目は電車を見送る男性目線、2コーラス目は見送られる女性目線という両方の視点から描かれたラブソングは、情感を込めた鍵盤を弾きながら歌うSeike(Vo.Pf)の声とともに、しっとりと切ない空間を作り上げた。バラードからスタートするというイレギュラーな展開でオーディエンスの心を掴んでいった。

 ユニークなメンバー紹介に続いては「二番線」。SeikeとKingkingPangpangの通っていた、大学近くの駅のホームをテーマにした楽曲。イントロの踏切警報機のSEが印象的に響き、Seikeの情景描写を映し出すような歌とバンドサウンドによって、景色が広がっていくようだった。

Saki(Vo.Gt)

 そして、「もっと盛り上がってちょうだい!」と紅一点、Saki (Vo.Gt)の言葉から、彼女がメインボーカルをとる「0.2秒」を披露。夏を感じさせる疾走感溢れる爽やかなサウンドに、キュートなSakiの張り裂けそうなテンションで、突き抜けていく歌声が高揚感を煽っていく。SeikeとSakiのツインボーカルが、楽曲によって切り替わることで、ステージのコントラストを鮮やかにし、カラフルに彩っていった。

 ラストは「君と僕が出会った時、初めて僕は未来の君になる」を披露。この楽曲は夢視点の曲だとSeikeが説明。難解な説明にメンバーもクエスチョン。結局、Seikeは「SNSでちゃんと説明します(笑)」と回避し、その話にSakiは「今日はみんな(MCが)ダメダメやな」とツッコむ場面もあった。曲の方は、ストリングスとピアノによる壮大なイントロが流れる。新曲を披露するためかステージ上からは緊張感が漂っていた。

 アッパーなテンポながらも、どこか聴くものの感情に触れてくるような感覚を与えてくるようだ。Jun (Gt.Vn)のフラッシーなギターソロが楽曲をさらに盛り上げ、KingkingPangpangも拳を振り上げステージ上からオーディエンスを煽っていく。<踏み出せ さらに一歩 その一歩が未来の君を創っていく>と輝かしい未来へと向かっていくさまを歌い紡いでいった。4曲という短いステージだったが、バラードからアッパーチューンとメロディアスな楽曲で、secondrateのカラーをしっかりと打ち出した。(取材・撮影=村上順一)

KingkingPangpang(読み:きんきんぱんぱんDJ,ButtonPusher) Seike(Vo.Pf) ライブのもよう Saki(Vo.Gt)

セットリスト

Attack Come Backer pre.『アタカム祭 vol.1』
secondrate

01.回想電車
02.二番線
03.0.2秒
04.君と僕が出会った時、初めて僕は未来の君になる

secondrate
https://secondrate.amebaownd.com/